JavaScript - if文

JavaScript の if 文に関する記事をまとめています。

if文

  • if文の書き方
  • if文は条件によって処理を分岐させる場合に使います。プログラミングにおいてはif文は基本中の基本となる構文です。ここではJavaScriptでのif文の構文とサンプルコードを紹介します。

  • if else文の書き方
  • 「if else文」は、if文の条件式が成り立つ場合と、成り立たない場合に分けて処理を行う場合に使います。条件式が成り立たない場合に else 部分が実行されます。ここではJavaScriptでの「if else文」の構文とサンプルコードを紹介します。

  • if else if else 文の書き方
  • 「if ~ else if ~ else 文」は、「if else文」よりもさらに細かく条件分岐させたい場合に使います。「else if ~」の部分はいくつでも記述することができます。ここではJavaScriptでの「if ~ else if ~ else 文」の構文とサンプルコードを紹介します。


  • if文を1行で書いてみる
  • JavaScriptで「if文を1行で書く」といっても、①文字通り「if文」を1行で記述する方法と、②「if else文」を三項演算子(条件演算子)を使って1行で記述する方法があります。ここでは両方の書き方と使用上の注意点について説明します。

  • if文を省略する書き方あれこれ
  • if 文を省略して書く方法がいくつかあります。ここでは、条件式(true/false)を省略する方法、行数や波括弧を省略する方法、三項演算子(条件演算子)を使って1行で記述する方法を紹介します。

  • if else if文で何もしない場合の書き方
  • if else if文で、条件によっては処理を「何もしない」場合があります。その場合は「; セミコロンのみ(空文)」を記述すると、「何もしない」を実現できます。

  • if 文で波括弧を省略する場合の注意点
  • JavaScript では、if 文の処理は通常、波括弧(中括弧)で囲みます。但し、処理が1文の場合は波括弧(中括弧)を省略することができます。どちらでもいいのですが、波括弧(中括弧)を省略した場合、意図しない動作をしてバグの原因となるケースもありますので注意が必要です。


  • if文でnullかどうかを判定する方法
  • if文で変数の値が「null」かどうかを判断する方法を紹介します。null判定を行う場合は等値演算子(==)ではなく、同値演算子(===)を使うことをおすすめします。理由は変数が「undefied」の場合に正しく判定されないからです。

  • if文で「undefined」かどうかを判定する方法
  • if 文で、変数の値が「undefined」かどうかを判断する方法を紹介します。undefined 判定を行う場合は、同値演算子(===)を使うことをおすすめします。ここでは同値演算子(===)を使う場合と、 等値演算子(==)を使って正しく判定されない場合を紹介します。

  • if文で数値かどうか判定する isNaN() の注意点
  • 「数値かどうか」を判定するには、if 文と isNaN() 関数を使います。通常の数値判定は isNaN() 関数で十分なのですが、特殊な値の場合には問題があります。ここではisNaN() 関数を使用する際の注意点も合わせて紹介します。

  • if文での奇数・偶数判定のロジック
  • if 文で、奇数・偶数を判定して処理を分岐させる方法を紹介します。「%」演算子を使って2で割った余りを取得し、余りが「0」か「1」かで簡単に判定できます。

  • if文でオブジェクトが存在するかどうかを確認する方法
  • if 文で「オブジェクト」や「オブジェクトのプロパティ」が存在するかどうかをチェックする方法を紹介します。未定義「undefined」かどうかをtypeof 演算子を使ってチェックします。


  • if文の入れ子(ネスト)の注意点
  • JavaScript では if 文を入れ子(ネスト)にすることができます。ただし、書き方によっては可読性やメンテナンス性が悪くなり、デバックもしにくくなります。ここでは if 文を入れ子(ネスト)にする方法と注意点を紹介します。

  • 長いif文の条件式や、文字列はどこで折り返すのがいい?
  • if 文の条件式に and や or を使うと、条件式が長くなり、見にくい場合があります。同じように、文字列も長すぎると見にくくなります。ここではJavaScriptで、長くなって読みにくい場合の「折り返し」(改行)の方法を紹介します。

  • if 文で break は使えないの?
  • JavaScript では、if 文の中で break を使用するとエラーが出ます。break は switch 文とループ文中でのみ使用できます。「switch 文やループ文の中にある if 文」の場合は、 break は使用できます。関数内であれば return 文を使うことで、処理を抜け出せます。

  • if文でのand(&&)、or(||)、not(!)の使い方
  • JavaScriptには、論理演算子としてand(&&)、or(||)、not(!)があります。if文でも論理演算子を使うことで、より複雑な論理式(条件式)を定義することができます。ここでは、3つの論理演算子の意味と使い方を紹介します。

  • if文とswitch文、「使い分け」の基準は?
  • 条件分岐には if 文と switch 文があります。if 文を使う場合が多いと思いますが、多重分岐の場合は switch 文を使った方が、コードがわかりやすくなるケースもあります。ここでは、if 文と switch 文の「使い分け」について説明します。

  • if 文のセミコロンをどこにつけるか迷っている方へ
  • if 文を書くときに、「どこにセミコロン(;)をつけるのか迷う!」という意見を聞きます。確かに最初のうちは迷うかもしれません。ここでは、今後迷わなくて済むように、if 文中のセミコロン(;)を付けるルールを紹介します。

関連情報

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする