JavaScript - 配列の初期化

JavaScript の配列の初期化に関する記事をまとめています。

配列の初期化

  • 配列を「0」で初期化する
  • 数値を扱うプログラムを作成する場合に、配列の各要素を「0」で初期化したい場合があります。ループを回して初期化したり、fill() メソッドを使って初期化する方法があります。ここでは、配列の値を「0」で初期化する方法をいくつか紹介します。

  • 配列を初期化して空にする
  • 配列を初期化して空にする方法を紹介します。配列宣言時に空の配列を生成する方法と、すでにある配列を空に初期化する方法の2通りを説明します。

  • 配列を「文字列」で初期化する
  • 配列を初期化するときに、「任意の文字列」や「特定の文字列」を指定する方法を紹介します。

  • 配列を連番で初期化する
  • [1,2,3,4]のように、配列を連番で初期化する方法を紹介します。シンプルに for 文を使う方法と、ES2015で追加された keys() メソッドを使う方法を紹介します。


  • 配列の長さを取得して初期化する
  • 配列を初期化する場合、まず配列の長さ(サイズ・要素数・length)を取得して、長さの分だけループを回して初期化する方法が一般的です。ここでは、長さを取得してループを回す方法と、それ以外の fill() メソッドを使った初期化の方法を紹介します。

  • 配列の初期化にpushを使って追加してみる
  • push() メソッドは、配列の最後に要素を追加するメソッドです。使い方によっては、この push() メソッドを配列の初期化に使用することもできます。ここでは、push() メソッドを使って固定値を追加する方法と、連番を追加する方法を紹介します。


  • 2次元配列の作成と初期化
  • JavaScriptでは2次元配列などの多次元配列の機能はサポートされていませんが、「配列の配列」という方法で実現できます。ここでは、2次元配列の作成と初期化ついて説明します。「配列リテラル」を使う方法と、「Array() コンストラクタ」を使う方法の両方説明します。

関連情報