JavaScript - 配列の削除

JavaScript の配列の削除に関する記事をまとめています。

配列 削除

  • 配列の最後(末尾)の要素を削除する pop()
  • JavaScript で配列の最後(末尾)の要素を削除する場合は、 pop() メソッドを使います。pop() メソッドは配列の最後の1つだけを削除します。pop() の戻り値は、削除した末尾要素の値です。

  • 配列の最初(先頭)の要素を削除する shift()
  • 配列の最初(先頭)の要素を削除する場合は、 shift() メソッドを使います。shift() メソッドは配列の最初の1つだけを削除します。shift() の戻り値は、削除した先頭要素の値です。

  • 配列のインデックスを指定して削除する splice()
  • 配列のインデックスを指定して、要素を削除する場合は splice() メソッドを使用します。splice() メソッドを使うと、配列の途中の要素を範囲を指定して削除することができます。


  • 配列の要素を削除する時に、要素間を詰める方法
  • 配列の要素の一部を削除する時、、要素間を詰めるケースと、詰めないケースがあります要素を詰める場合はsplice() メソッド、詰めない場合は delete 演算子で実現できます。ここでは、両方のケースのサンプルコードを紹介します。


  • 配列の要素を全て削除して空にする
  • 配列の要素を全て削除して空にする方法は複数あります。ここでは、空にする方法として、配列リテラル、lengthプロパティ、Array コンストラクタを使う方法を紹介します。


  • 配列から null、undefined、空文字を削除する
  • 配列から「null」や「undefined」、「"" 空文字」が入った要素を削除する処理を紹介します。ループを使う方法と、filter() メソッドを使う方法を紹介します。

  • 配列から特定条件の要素を削除する filter()
  • 配列から特定条件の要素を削除する場合は、filter() メソッドを使うと簡単に実現できます。filter() メソッドは、テストに合格した要素から成る、新しい配列を作成。ここでは、filter() を使った要素削除の方法を紹介します。


  • indexOf() を使って配列の要素を削除する
  • ここでは、indexOf() メソッドを使って、削除要素のインデックスを特定し、要素を削除する方法を紹介します。

  • ループ(for 文)を使って配列の要素を削除する
  • ここではループ(for 文)を使って、配列の特定条件の要素を削除する方法を紹介します。

  • 配列の要素を繋いで(カンマを削除して)文字列にする
  • 配列の要素を繋いで文字列にするには join() メソッドを使います。join() メソッドは、デフォルトではカンマ区切りの文字列が作成されます。ここでは、カンマを削除して文字列を作成する方法を紹介します。


  • 配列の要素削除に some() は使わない方がいい
  • 配列を扱っていて、特定の値の要素を削除したい場合があります。この場合、some() メソッドが利用できそうですが、some() を使うと「削除対象のデータが連続している時」に不具合が生じます。ここでは、some() で正常に処理できるケース、不具合が生じるケース、代替方法について説明します。

  • 配列の要素を削除する delete 演算子の使い方と注意点
  • 配列の要素を削除するのに delete 演算子を使うことができます。但し注意点として、delete 演算子で削除するのは undefined を代入するのと同じです。要素間を詰めて削除したい場合は、delete 演算子ではなく、splice() メソッドを使います。

  • 配列で、重複した要素を削除する filter()
  • 配列で、重複した値が入っている要素を削除する方法を紹介します。filter() メソッドと indexOf() メソッドを使うと、重複除去が簡単にできます。

関連情報

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする