Windows10 - 「設定」は「コントロールパネル」とどう違う?

Windowsを昔から使っている方にとっては、 「Windowsの各種設定 = コントロールパネル」という認識だと思います。

Windows8から「設定」ウィンドウが加わり、 現在ではコントロールパネルよりも「設定」ウィンドウで各種設定をするようになっています。

細かいところで「設定」と「コントロールパネル」の設定できる項目が違っていますが、できることはほとんど同じです。

「設定」ウィンドウの方が後発ゆえにユーザーインターフェースが改善されていますので、 「設定」ウィンドウで各種設定をすることをおすすめします。

「設定」ウィンドウを表示する

「スタート」ボタン ⇒ 「設定」をクリック。

「スタート」ボタン ⇒ 「設定」

「設定」ウィンドウが表示されます。 上にある検索窓から項目を検索できます。

「設定」ウィンドウ

ショートカットキー「Windows」+「I」キーでも表示できます。

「コントロールパネル」を表示する

「スタート」ボタン ⇒ 「Windowsシステムツール」 ⇒ 「コントロールパネル」をクリック。

「Windowsシステムツール」 ⇒ 「コントロールパネル」

「コントロールパネル」が表示されます。 右上にある検索窓から項目を検索できます。

「コントロールパネル」が表示

2つの画面を見比べると、明らかに「設定」ウィンドウの方が洗練されていますよね。

Windows10からWindowsを使い始める方には「設定」ウィンドウを使うことをおすすめします。

昔からWindowsを使っていて「コントロールパネル」に慣れている方は、 徐々に「設定」ウィンドウに移行することをおすすめします。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする