【テーマ・プラグインを自作】WordPress開発者向けコンテンツまとめ

WordPressのテーマやプラグインを自作したい」と考えている開発者向けのコンテンツをまとめています。

開発者ではなく、 一般のWordPress利用者向けのコンテンツまとめはこちら
WordPressの使い方

ページ名is_〇〇
トップページis_home
投稿ページis_single
固定ページis_page
フロントページis_front_page
カテゴリーページis_category
タグis_tag
アーカイブページis archive
日付、時間is_date
検索結果ページis_search
404ページis_404

テンプレート階層とは、 「どのテンプレートファイルを優先して表示するか」についてのルール。

ポイントは以下の3つ。

・投稿ページ、個別ページ、カテゴリーページ等の各ページで優先される テンプレートファイルの種類が異なる。

・必ずしも、優先度の高いファイルを用意する必要はない。

・全てのページにおいて、index.phpが利用できる。 (通常はやらないが、index.phpだけでも稼働はできる)

使用例


<a href="<?php the_permalink(); ?>">
  <!-- コンテンツ -->
</a>

現在の WordPress クエリにループできる結果があるかどうかをチェック(TRUE/FALSE)。

使用例


<?php if(have_posts()): while(have_posts()): the_post(); ?>

<!-- ここにコンテンツを記述 -->

<?php endwhile; endif; ?>

<?php
if ( have_posts() ) :
	while ( have_posts() ) : the_post();
		// ループ内のコード
	endwhile;
else :
	echo wpautop( '投稿が見つかりませんでした。 );
endif;
?>

ループを次の投稿へ進める。 次の投稿を取得して、それを「現在の投稿」としてセットアップ。

「現在の投稿」とは、ループの中で the_title() や the_content() 等が対象とする投稿。

使用例


<?php if(have_posts()): while(have_posts()): the_post(); ?>

<!-- ここにコンテンツを記述 -->

<?php endwhile; endif; ?>

<?php
if ( have_posts() ) {
	while ( have_posts() ) {

		the_post(); ?>

		<h2><?php the_title(); ?></h2>

		<?php the_content(); ?>

	<?php }
}
?>

現在の投稿のタイトルを表示、あるいは返す。


<?php the_title( $before, $after, $echo ); ?>

<?php the_title( '<h3>', '</h3>' ); ?>

WordPressで使えるPHP関数の中でも、 「テンプレートファイルで使用する関数」のことを テンプレートタグという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする