JavaScript入門

基本事項

演算子

文字列

メソッド

数値

小数点以下の扱い

制御構文

if文

配列

基本事項

初期化

追加

削除

ソート

ループ

DOM

フォーム部品

その他

応用・実践編


if (document.getElementById("chk").checked){
	// チェックされている場合の処理
}else{
	// チェックされていない場合の処理
}



for (let i = 0; i < 6; i += 2) {
  console.log(i);
} 

又は


for (let i = 0; i < 6; i = i + 2) {
  console.log(i);
} 


var num = 10;

console.log(num.toString(2)); // 1010  2進数

console.log(num.toString(8)); // 12    8進数

console.log(num.toString(16)); // a    16進数


// 0 - 10
var num = Math.floor(Math.random() * 11) ;

// 0 - 100
var num = Math.floor(Math.random() * 101) ;

// 1 - 10
var num = Math.floor(Math.random() * 10) + 1 ;

// 1 - 100
var num = Math.floor(Math.random() * 100) + 1 ;

★ 規則1
1文字目はアルファベット、アンダーバー(_)、ドル記号($)のいずれか。
★ 規則2
2文字目以降は、1文字目で利用できる文字か、数値のいずれか。
(補足: 「数値」は1文字目では使えず、2文字目以降なら使える)
★ 規則3
JavaScriptでは、大文字・小文字を区別する。
★ 規則4
JavaScriptの「予約語」は使えない。

// for文 カウンタ i
for (let i = 0; i < array.length; i++) {
  
} // end for i

// for文 カウンタ k
for (let k = 0; k < array.length; i++) {
  
} // end for k


var arr= [];

// \r\n を\n に変換しておく
str = str.replace(/\r\n/g, "\n");

// 改行で分割して配列に格納
arr = str.split("\n");



// 文字列(最初の1つだけを変換)
str = str.replace('a', 'x');

// 正規表現(全てのaをxに変換する)
str = str.replace(/a/g, 'x');

// \r\nを\nに変換
str = str.replace(/\r\n/g, "\n");

// 改行を削除
str = str.replace(/\r?\n/g, '')

// 先頭の「・」記号を削除
str = str.replace(/^・/, '');

//最後の改行を削除
str = str.replace(/\r?\n+$/, '');


// これは単一行のコメントです。

var k = 0; // コメント(途中)

//--------------------------------------
// コメント
//--------------------------------------

/* 
複数行
コメントです
*/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする