Windows10 - システムの保護を有効にし、復元ポイントを作成する

Windows10では「システムの復元」という機能があります。 これはシステムが何かしらの原因で不安定な状態になった時に、 「正常に動作していた状態」にシステムを戻す機能です。

ドライバーやアプリケーションをインストールした後に動作が不安定になった場合、 「システムの復元」機能によって以前の正常だった状態に戻すことができます。

但し、そのためには事前に「システムの保護」を有効にしておく必要があります。 ここでは「システムの保護」を有効にしてから、復元ポイントを作成する方法を紹介します。

「システムの保護」を有効にする

まずはコントロールパネルを開きます。

「スタート」 ⇒ 「Windowsシステムルール」⇒ 「コントロールパネル」をクリック。

コントロールパネル

「システムとセキュリティ」をクリック。

システムとセキュリティ

「システム」をクリック。

システム

「システムの保護」をクリック。

システムの保護

「システムのプロパティ」画面の「システムの保護」タブが表示されます。

保護設定欄で保護するドライブを選択します。 OSがインストールされているドライブ(通常はCドライブ)を選択して、 「構成」をクリック。

「構成」

「システムの保護を利用する」を選択し、「適用」 → 「OK」ボタンをクリック。

「システムの保護を利用する」

下図のように保護設定が「有効」になっていればOKです。

保護設定が「有効」

「復元ポイント」を作成する

「復元ポイント」を作成する場合は、 下図の「作成」ボタンをクリックします。

「復元ポイント」を作成

「復元ポイント」の名前を入力する画面が表示されますので、 任意の名前を付けて「作成」ボタンをクリック。

お使いの環境にもよりますが、処理に時間がかかる場合があります。

「復元ポイントは正常に作成されました。」と表示されれば 「閉じる」ボタンを押して無事に終了です。

「システムの復元」を実行する

「システムの復元」を行う場合は、 下図の「システムの復元」ボタンをクリックします。

「システムの復元」

後は復元ポイントの一覧が表示されるので選択し、 画面の指示に従って進んでいくだけです。

復元にはある程度の時間がかかります。