Pythonを学べるプログラミングスクール(AIならPython)

Python

PythonはAI時代に最も必要とされているプログラミング言語です。

シンプルな構文が特徴で、初心者でもマスターしやすく、 少ない行数でコードが書けます。

外部ライブラリが充実していて、 機械学習、深層学習(ディープラーニング)、計算、統計解析などに関する 外部ライブラリを組み込むことで幅広い用途に応用できます。

Pythonで作られている有名なサービスとしては 「Youtube」、「Evernote」、「Instagram」などがあり、 Googleでは会社で使用する主なプログラミング言語の1つ(C++、JAVA、Python)となっています。

AI(人口知能)分野に進むなら必須のプログラミング言語ともいえるPythonですが、 効率的に学ぶにはプログラミングスクールなどがおすすめです。

そこでこのページではPythonが学べる質の高いプログラミングスクールを紹介します。

Pythonの特徴

最も人気のある言語

世の中にあるたくさんのプログラミング言語の中で、 現在最も人気のある言語がPythonです。

いろんな「人気プログラミング言語ランキング」 でトップかトップに近い位置を占めています。

下図はGoogleでの検索を基にしたプログラミング言語の人気ランキングです。 (PYPL PopularitY of Programming Language

このランキングでもJAVAを抑えてPythonが1位となっています。

人気ランキング

構文がシンプルで初心者でも理解しやすい

Pythonは構文がシンプルで扱いやすく設計されています。 C言語などと比較しても分かりやすいコードになるので、 初心者でも理解しやすいプログラミング言語です。

さらに少ない行数のコードで多くの処理を記述することができ、 生産性の高い言語でもあります。

外部ライブラリが豊富にある

Pythonがこれほどの人気言語になった理由の一つに、 外部ライブラリの豊富さがあります。

特に計算処理、統計解析、機械学習、ディープラーニングの分野など、 AI(人口知能)分野に必要なライブラリがインターネット上にたくさん存在し、 その多くが無料で利用できます。

AI分野に進むならPythonは必須

AI分野で現在使われているプログラミング言語は圧倒的にPythonが多いです。 他にもC言語や統計解析専門のR言語などが使われることもありますが、メインはPythonです。 人工知能関連の職業に就きたい方には必須のプログラミング言語といえます。

おすすめのプログラミングスクール

現時点ではPythonや人工知能について学べるプログラミングスクールは それほど多くありません。

ですが今後Pythonを学びたいという需要が増えていくにつれて、 Phthonが学べるプログラミングスクールも多くなっていくと思います。

現段階でPythonが学べる質の高いプログラミングスクールは次の3つです。

  • 「TechAcademy」Pythonコース
  • 「CodeCamp」Pythonデータサイエンスコース
  • 「TECH::CAMP」AI(人工知能)入門コース

以下で順番に紹介していきます。

「TechAcademy」Pythonコース

「TechAcademy」

「TechAcademy」はコチラ

「TechAcademy」はオンライン型のプログラミングスクールで、 人気と実績のあるスクールです。

現役エンジニアからマンツーマンレッスンを受けることができ、 全コースが転職サポート付きです。

Pythonコースでは、Pythonの基本から学び、実際に「画像を解析して分類」、 「データから花の種類を分類」、「住宅価格の分析と予想」、 「ビットコインの価格変動を予測」といった機械学習のプログラムを開発します。

Pythonコースは次のような方におすすめです。

  • Pythonを基礎から学びたい方
  • 機械学習の基本を習得したい方
  • 機械学習プログラムを開発できるようになりたい方

受講期間に応じて4つのプランがあり、期間と受講料は次の通りです。 (学生は割安で受講することができます)

社会人学生
4週間プラン139,000円109,000円
8週間プラン189,000円139,000円
12週間プラン239,000円169,000円
16週間プラン289,000円199,000円

「TechAcademy」には「Pythonコース」の他に「AIコース」もあります。 「AIコース」ではPythonのライブラリを使い、 より応用的な機械学習・ディープラーニングについて学ぶことができます。 こちらのコースもおすすめです。

「TechAcademy」では無料体験会や無料説明会動画を見ることもできます。 興味のある方は「TechAcademy」のサイトで確認してください。

「TechAcademy」の公式サイトはコチラ

「CodeCamp」Pythonデータサイエンスコース

「CodeCamp」

「CodeCamp」はコチラ

「CodeCamp」はオンライン型のプログラミングスクールで、 先に紹介した「TechAcademy」と同様に人気と実績のあるスクールです。

講師は現役エンジニアで、 ビデオ通話によるマンツーマンレッスンを受けることができます。

PythonデータサイエンスコースではPythonを基本から学び、 「仕事で使えるタスクの自動処理」、 「Webスクレイピングによるデータ収集」のスキルが身に付きます。

「CodeCamp」のPythonデータサイエンスコースでは、 機械学習やディープラーニングといったAIに関するスキルは学びません。

Pythonの基本と、データサイエンスの中でも 「データ収集」の分野に絞った初歩的な講義内容となっています。 ですから、プログラミング未経験者やPythonの基本を学べれば十分といった方向けになります。

Pythonデータサイエンスコースの受講料は次の通りです。

  • 受講料: 148,000円
  • 入学金: 30,000円
  • 受講期間: 2か月(レッスン回数: 20回)

「CodeCamp」では無料体験レッスンを受講すると、 受講料が割引になるキャンペーンもやっています。

興味のある方は「CodeCamp」のWebサイトで詳細を確認してください。

「CodeCamp」の公式サイトはコチラ

「TECH::CAMP」AI(人工知能)入門コース

「TECH::CAMP」

「TECH::CAMP」はコチラ

「TECH::CAMP」はオンライン・オフライン両方で学ぶことができるプログラミングスクールです。 東京、名古屋、大阪に教室があるので、通える方は通学するのもおすすめです。

教材は、受講者から質問があった所を改善して何度もアップデートされています。 アップデートの回数は5,000回以上とのことです。 そのため、教材が初心者でもわかりやすいと評判です。

「TECH::CAMP」のAI(人工知能)入門コースは、 Pythonの基本から学び、機械学習を用いたデータ解析プログラムを作ります。

AI(人工知能)入門コースで身に付くスキルは次の通りです。

  • 人工知能の仕組みや原理
  • Pythonを使ったプログラミングスキル
  • Pythonによるデータ解析スキル
  • 機械学習によるデータ解析プログラムの作成スキル

「TECH::CAMP」には「AI(人工知能)入門コース」以外にも 「AIアプリ開発(応用)コース」もあります。

応用コースでは人工知能を活用したチャットボットや、 取得した株価データから株価予測を行うアプリを開発します。 より深く人工知能について学びたい方にオススメのコースです。

「TECH::CAMP」は料金体系に特徴があります。 入学金は148,000円と他社よりも高いのですが、 月額14,800円ですべてのコースが受け放題となります。

ですから半年のような長い期間で見た場合、かなり割安な受講料と言えます。

「TECH::CAMP」のデメリットとして、講師が必ずしも現役エンジニアではないことがあります。 スクールの卒業生がそのまま講師をやるケースもあるようです。

どうしても現役エンジニアに教わりたい方には他のスクールをオススメしますが、 特に気にならない方にはオススメできるスクールです。

「TECH::CAMP」では無料体験会・説明会が行われていますので、 興味のあるかたは一度Webサイトを訪問してみてください。

「TECH::CAMP」の公式サイトはコチラ