JAVAを学べるプログラミングスクール4選(無料あり)

JAVAは人気のあるプログラミング言語の1つで、多くの現場で使われています。

プラットフォームに依存せず、 OSがWindowsでもiOSでもLinuxでも動作させることができ、 Web開発やアプリケーション開発などの様々な用途で使われています。

JAVAでの開発案件が豊富にあるため、 JAVAをマスターしていれば仕事に困ることはありません。

ですが、初心者にとってJAVAはハードルの高い言語です。 独学しても多くの方が挫折すると思います。 できればプログラミングスクールなどで学ぶのが効率の良い学習方法です。

そこでこのページではJAVAを学べる質の高いプログラミングスクールを厳選して紹介します。

JAVAの特徴

マルチプラットフォーム

JAVAはJVM(Java Virtual Machine)というJAVA仮想マシンが動作する環境であれば、 OSを選びません。 WindowsでもMacでも動作するということです。

このJVMというマルチプラットフォームの仕組みによって、 JAVAは多くの開発者から支持を得て人気言語となりました。

大規模開発向いている

JAVAはオブジェクト指向言語なので、 C++と同じように大規模なシステム開発で効力を発揮する言語です。 実際に企業の大規模なシステムの多くでJAVAが採用されています。

Web開発の事例で、 「Rubyで作っていた世界規模のシステムの動作が不安定だったので JAVAで作り直した結果、動作が安定した」という例もあります。

仕事の案件が豊富にある

多くの現場で使われている言語ですから、仕事の案件が豊富です。 JAVAができれば、仕事はいくらでもあります。

JAVAのエンジニアが常に不足している状態ですから、 給料も良い傾向にあります。

ただし、JAVAの仕事は企業に常駐する案件が多く、 リモート勤務が可能な案件はあまりありません。

習得は難しい

JAVAは他の言語(例えばRubyやPHPなど)に比べると、 習得するのは難しいです。

ですから、独学でマスターしようとするとかなり挫折率が高くなります。 結構な時間をかけたけど、結局できなかったといってやめていく人もいます。

JAVAをマスターしたければ独学よりも、 プログラミングスクールのような相談相手がいる環境でやることをおすすめします。

おすすめのプログラミングスクール

JAVAが学べるプログラミングスクールは結構あるのですが、玉石混合です。

そこで評判が良くて質の高いプログラミングスクール4つに絞りました。

  • 「TechAcademy」Javaコース
  • 「CodeCamp」Javaマスターコース
  • 「GEEK JOB」転職コース(無料)
  • 「KENスクール」Javaコース

以下で順番に紹介していきます。

「TechAcademy」Javaコース

「TechAcademy」

「TechAcademy」はコチラ

「TechAcademy」はオンライン完結型のプログラミングスクールとして トップレベルの実績と人気のあるスクールです。

JavaコースではJava Servlet/JSPを基本から学んで、 実際に「お問い合わせフォーム」、「メッセージボード」、 「日報管理システム」といったWebアプリケーションを開発します。

Javaコースで身に付くスキルは次の通りです。

  • HTML/CSSのコーディングスキル
  • Git/GitHubでのソースコードのバージョン管理
  • Javaのプログラミングスキル
  • Servlet/JSPを使ったWebアプリケーション構築

受講料は学習期間に応じて4種類あります。学生の方は3割程安く受講できます。

社会人学生
4週間プラン139,000円109,000円
8週間プラン189,000円139,000円
12週間プラン239,000円169,000円
16週間プラン289,000円199,000円

「TechAcademy」には「TechAcademyキャリア」 という受講生限定の転職支援サービスがあります。 エンジニアに就職・転職をしたいと思っている方には利用価値の高いサービスです。

「TechAcademy」では学習システムを1週間無料で受講できる「無料体験」があるので、 興味のある方はぜひ利用してみてください。

「TechAcademy」の詳細はコチラ

「CodeCamp」Javaマスターコース

「CodeCamp」

「CodeCamp」はコチラ

「CodeCamp」はオンライン完結型のプログラミングスクールとして、 先程紹介した「TechAcademy」と1、2位を競うトップレベルのスクールです。

現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが売りで、 テレビ電話を通したレッスンを行い、受講者がコードを書く画面を共有して その場でアドバイスを受けることができます。

「CodeCamp」のJavaマスターコースでは、 「社員情報管理システム」、「トランプゲーム」、 「ネットワーク通信、データベースアクセス、API」、「オブジェクト指向のプログラム」 などを実際に作成します。

Javaマスターコースで身に付くスキルは次の通りです。

  • JAVAのプログラミングスキル
  • Javaを用いたwebアプリケーションの開発スキル
  • 「オブジェクト指向」の考え方

受講料は学習期間に応じて3種類あります。 いずれのコースも入学金30,000円が必要です。

入学金30,000円
2か月プラン148,000円
4か月プラン248,000円
6か月プラン298,000円

「CodeCamp」では無料体験レッスンを受けることもできますので、 興味のある方はサイトを訪問してみてください。

「CodeCamp」の詳細はコチラ

「GEEK JOB」転職コース(無料)

「GEEK JOB」

「GEEK JOB」転職コースはコチラ

「GEEK JOB」の転職コースは「エンジニアとして就職・転職」 することを前提として、無料で受講できるコースです。

無料だからと言ってだれでも受講できるわけではなく、 次の条件を満たす方限定となります。

  • 年齢が30歳未満の方
  • 一都三県(主に東京)での就職・転職意志のある方
  • 東京の教室(「新宿区四ツ谷」か「千代田区九段下」)に通える方

上記の条件を満たす方は、完全無料でプログラミング技術が学べて、 エンジニアに就職・転職できるので、かなりお得なプログラミングスクールです。

「GEEK JOB」の転職コースで学べる言語は「PHP/Ruby/JAVA」のいずれか一つなので 「JAVA」を選びます。

学習期間は本人のレベルにもよりますが、 短い方で1カ月、プログラミング未経験者の場合は3カ月ほどの期間となっています。

現役のエンジニアから指導を受けることができ、 企業の面接でアピールできる材料として"実績"を作成することができます。

「GEEK JOB」の転職コースでは無料体験・説明会を行っていますので、 興味のある方はWebサイトを訪問してみてください。

「GEEK JOB」転職コースの詳細はコチラ

「KENスクール」Javaコース

「KENスクール」
「KENスクール」はコチラ

「KENスクール」は通学型のスクールで、開校30年の実績があります。 IT業界未経験者の就職・転職を得意としていて、 これまでに7,000人以上の卒業生をサポートしています。

授業は受講者のスキルやペースに応じて適切な指導ができるように 「個別指導」で進めていきます。 一人ひとりの受講生の進捗状況を管理するシステムがあり、 挫折しにくい仕組みを整えています。

Javaコースは全部で10近くのコースがあり、 受講者の目的に応じて受講内容・受講料・期間などが異なります。

一例を挙げると次の通りです。

コース名受講時間受講料期間
Javaプログラマー養成コース101時間365,000円6ヶ月
速習Javaシステムエンジニア就転職総合コース173時間589,000円9ヶ月
Javaデベロッパー就転職総合コース237時間769,000円12ヶ月
Java SE 7 Programmer36時間149,000円3ヶ月
Javaベーシック講座30時間124,000円3ヶ月

JAVAコースを受講できる教室は以下の場所になります。

  • 新宿本校
  • 池袋校
  • 北千住校
  • 横浜校
  • 梅田校
  • 名古屋校
  • 札幌校

教室型のスクールに通ってJAVAを学びたいという方は「KENスクール」がおすすめです。

「KENスクール」のWebサイトから「資料請求」や「無料体験レッスン」 などを申し込むことができます。 興味のある方はぜひサイトを訪れてみてください。

「KENスクール」の詳細はコチラ