Twitter集計での人気プログラミング言語は「Python」と「C#」

プログラミング言語に関するTwitterの投票結果が話題になっているので紹介します。

この投票はエンジニアを対象に、集まった約1500件のツイートを集計したもので、 質問は次の通りです。 どれもエンジニアやエンジニアを目指す人なら興味のある質問ですね。

  • 最初の言語
  • 難しかった言語
  • 一番使っている言語
  • 嫌いな言語
  • 好きな言語
  • 初心者にオススメな言語

以下で各質問のトップ3を紹介していきます。

最初の言語

  • BASIC
  • C
  • JAVA

BASICとCが3位以下を大きく引き離してのトップ2です。 BASICはVB系を含んでいるのでトップなのもうなずけます。 時代を感じさせるランクイン言語としては「COBOL」や「Fortran」がありました。 完全に40代、50代の方ですよね。

難しかった言語

  • C++
  • C
  • JAVA

C++とCが3位以下を大きく引き離しています。 C系(特にC++)はやはり難しいですよね。

一番使っている言語

  • Python
  • C#
  • JAVA

この質問結果は接戦でした。 AIやビッグデータブームもあってPythonが使われているようですね。 4位以下の言語ではC++、JavaScript、PHP、Cがランクインしています。

嫌いな言語

  • JavaScript
  • Visual Basic
  • JAVA

日本ではなぜかJavaScriptを嫌っている人が多いようです。

好きな言語

  • C#
  • Python
  • C++

C#とPythonは人気があるようですね。 一番使っている言語でもトップ2でした。 4位以下の言語ではJAVA、JavaScript、C、Rubyとなっています。

初心者にオススメな言語

  • Python
  • C#
  • C

Pythonが2位以下を大きく引き離して1位でした。 何をしたいかによってオススメの言語は違ってきますが、 これからのAIブームなどの時代の流れを考えると、やはりPythonが一番おすすめになるでしょう。

まとめ 「Python」と「C#」

「Python」と「C#」の2強といった感じの結果でした。 「一番使っている言語」「好きな言語」「オススメな言語」の3つの分野でトップ2。 約1,500件のツイートの集計結果ということですが、かなり時代を反映した結果となっていると思います。

■ 日本の Twitter ユーザーが好きな言語・嫌いな言語2019(Qiita)
https://qiita.com/iwasaki501/items/51dc07b744d3f342008b