Swiftを学べるプログラミングスクール2選

iphneアプリ

「Swift」は2014年にApple社が開発した比較的新しい言語で、 iOSやmacOSのアプリケーション開発に使われます。

iOSはiPhoneやiPad用のOSのことで、 macOSはAppleのPCやノートPCのOSのことです。

「Swift」を学ぶとiPhoneを始めとして Apple社の多くの製品のアプリケーションを作ることができます。

「Swift」を学んでみたいという方は多いようですが、 現状では学べるプログラミングスクールは限られています。

そこでこのページでは「Swift」が学べる、 質の高いプログラミングスクールを厳選して紹介します。

Swiftの特徴

習得しやすい

2014年に「Swift」が登場するまでは、 「Objective-C」という言語が、 Apple社のアプリケーション開発用言語として使われていました。

ところが「Objective-C」は難易度が高く、 学習コストがかかるため、 「Objective-C」に変わる言語として「Swift」が開発されました。

ですからそれまでの「Objective-C」と比べて、 「Swift」は敷居が低くシンプルで、 初心者でも習得しやすい言語になっています。

人気・需要のある言語

iPhoneを始めとして、 Apple社の製品がこれだけ普及している現在ですから、 「Swift」に対する人気・需要もあります。

「Swift」エンジニアの需要がある一方で、 「Swift」を使いこなせるエンジニアが少ないことから、 「Swift」はねらい目の言語とも言えます。

おすすめのプログラミングスクール

最初に述べたように、 「Swift」を学べるプログラミングスクールは多くありません。

現時点で本当におすすめできるスクールは2つです。 この2つなら実績と評判のいいスクールなのでおすすめです。

  • TechAcademy iPhoneアプリコース
  • CodeCamp アプリマスターコース

以下で順番に紹介していきます。

TechAcademy iPhoneアプリコース

「TechAcademy」

「TechAcademy」はコチラ

「TechAcademy」は日本では歴史のあるプログラミングスクールで、 最大手の1社です。

オンライン完結型のスクールですから、 全国どこにいても学ぶことができます。

TechAcademyのiPhoneアプリコースは、 iPhoneアプリを作成して最終的にAppStoreで公開することがゴールとなっています。

独自のカリキュラムを用いて、Swiftの学習、ソースコードの管理、 AppStoreへの公開などアプリ開発を総合的に学べる講座です。

パーソナルメンターが付いて、わからないところは「ビデオチャット」や 「テキストチャット」で質問できます。

iPhoneアプリコースの受講料は次の通りです。 学生の方は割安で受講できるようになっています。

社会人学生
4週間プラン139,000109,000
8週間プラン189,000139,000
12週間プラン239,000169,000
16週間プラン289,000199,000

「TechAcademy」に興味のある方は、 無料体験会や説明会に一度参加してみてください。

「TechAcademy」の詳細はコチラ

CodeCamp アプリマスターコース

「CodeCamp」

「CodeCamp」はコチラ

「CodeCamp」もオンライン完結型のプログラミングスクールで、 これまでに2万人以上の受講生に指導してきた実績のあるスクールです。

現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが特徴で、 受講者がプログラムコードを書く画面を共有して、 その場でアドバイスがもらえます。

CodeCampのアプリマスターコースは、 iOSアプリ用にSwift、Androidアプリ用にJavaが学べるコースです。

最終的に自作アプリが学べるように、開発環境の構築から開発方法まで マンツーマンで徹底指導してもらえます。

アプリマスターコースの受講料は次の通りです。

入学金30,000円
2か月プラン148,000円
4か月プラン248,000円
6か月プラン298,000円

「CodeCamp」に興味のある方は、 無料体験レッスンに参加してみてください。

「CodeCamp」の詳細はコチラ