Windows10 - 言語バーの表示・非表示を設定する

「言語バー」は下図のように「IMEパッド」「辞書ツール」 などの各種IMEのツールアイコンが表示される領域です。

「言語バー」

以前のWindowsではデフォルトで表示されていたのですが、 Windows10では「言語バー」は表示されていません。

IMEの各種ツールを良く使う方にとっては、 表示されている方が便利ですよね。

そこで「言語バー」を表示させる方法を紹介します。

「言語バー」を表示させる方法

「スタート」ボタン ⇒ 「設定」をクリック。

「設定」

「デバイス」をクリック。

「デバイス」

「入力」をクリック。

「入力」

「キーボードの詳細設定」をクリック。

「キーボードの詳細設定」

「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを表示する」にチェックを入れる。

「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを表示する」

これで下図のように「言語バー」が表示されます。

「言語バー」が表示

言語バーを非表示にしたい場合は、ここのチェックを外せばOKです。

言語バーをタスクバーに表示させる

言語バーをタスクバーに表示させるには、 「言語バーのオプション」をクリック。

「言語バーのオプション」

「言語バー」タブの「タスクバーに固定する」を選択し、 「言語バーアイコンをタスクバーに表示する」にチェックを入れて、 OKボタンを押します。

「言語バーアイコンをタスクバーに表示する」

すると、下図のように言語バーがタスクバーに表示されます。

タスクバーに表示

「言語バーのオプション」では他にも細かい設定ができますので、 一度見てみることをお勧めします。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする