未経験からでもAWSエンジニアに転職する最短方法

クラウドコンピューティングサービスのトップを走る「AWS(Amazon Web Services)」。

クラウドサービスの社会的な需要の高まりとともに「AWSエンジニア」の需要も増えています。 「AWSエンジニア」は狙い目なのですが、 どうすれば「AWSエンジニア」として就職・転職できるのでしょうか?

このページでは未経験者が「AWSエンジニア」として転職するための効率的な方法を紹介します。

AWSエンジニアは狙い目

AWSはもはや社会的なインフラとして認識されており、 AWSを扱える専門のAWSエンジニアの需要も高まっています。

AWSとは?

AWS

AWSとは「Amazon Web Services」の略で、 Amazon.comが提供しているクラウドコンピューティングサービスです。

現在、クラウドサービスを提供している企業はたくさんあって、 Amazonだけでなく、Google、Microsoft、IBMの4社がクラウドサービスのビッグ4と呼ばれています。

その中でも最も高いシェアを有しているのがAmazonが提供する「AWS」です。 クラウドサービス全体の内、約3割を「AWS」が占めています。

現時点では「クラウドサービス = AWS」というイメージになっています。

AWSはもはや社会的に重要なインフラ

先日、Yahoo!Japanのトップニュースに「AWSで障害発生」というニュースが載っていました。

「AWSで障害が発生して、多くの企業が影響を受けている」といった内容のニュースでした。

これにより、日頃自分が受けているサービスが一時ストップしてしまった方もいるかもしれません。

障害情報がニュースとして報道されるほど「AWSが社会的に重要なインフラ」 として認識されていることになります。

AWSエンジニアが必要とされている

クラウドサービス自体が今後も伸びていく市場であり、 そのトップを走るAmazon.comの「AWS」の需要も増加するでしょう。

AWSの需要が増加すれば、 AWSサービスの使い方に精通しているAWSエンジニアの需要も高まります。

AWSエンジニアの仕事は?

では、AWSエンジニアの仕事って何でしょうか?

大まかに言うと、AWSシステムの設計・構築・開発・運用となります。

通常のシステムとは違って、「AWSシステム」を扱うための専門知識が必要とされます。

未経験からでもAWSエンジニアに転職する方法

AWSエンジニアには専門知識が必要とされます。 その知識を体系的に独学で身につけるとなると、難しいでしょう。

専門コースで学ぶのが効率的

一番効率的なのはプログラミングスクール等で学ぶことです。

ただし、プログラミングスクールで主流なのはWebシステム開発であったり、 PythonやJavaといった言語で、 AWSについて教えているスクールが少ないのが現状です。

おすすめのスクール「RaiseTech」

raiseteck

「RaiseTech」公式サイトはコチラ

AWSシステムについて学ぶなら、おすすめのスクールは「RaiseTech」です。 そのおすすめの理由を説明します。

スケジュールが明確になっていてわかりやすい

独学でAWSエンジニアを目指しても、何を学べばいいのかわかりにくいですよね。

「RaiseTech」のAWSコース紹介ではカリキュラムが詳しく公開されていて、 例えば「第6週 EC2インスタンスの立ち上げ、RDSの立ち上げ」、 「第16週 コード化されたインフラ環境の自動構築の実行(CloudFormation,Ansible)」など 「第何週に何をやる」かがわかります。

学習・習得できる技術の一覧もありますから、自分のやるべきことが明確になっています。

現役エンジニアのみが講師

講師はすべて現役エンジニアです。 ですから今現在、現場で使っている技術を学ぶことができます。

現役エンジニアなら現場で必要な知識、必要ない知識も知っていますから 効率よく学習できます。

就職・転職支援制度

「RaiseTech」には就職・転職支援制度もあります。 この制度を利用して就職・転職が可能です。

この制度を利用しながら、併用して他会社の転職サービスを受けても問題ありませんし、 就職・転職するまで半永久的にサポートしてくれます。

2週間のトライアルコース

受講開始から2週間(14日間)は全額返金保証付です。

プログラミングスクールの受講料は決して安い金額ではありませんから、 この制度はありがたいですよね。

もし、自分に合わないと思った場合は返金してもらいましょう。


未経験からAWSエンジニアへの転職を考えている方には「RaiseTech」がおすすめです。

「RaiseTech」公式サイトはコチラ