日付の入力方法【Excel】

Exccelで日付を入力する方法を紹介します。

まず、入力モードを「半角英数」にします。

「8/1」のように、「月/日」という形式で入力し、「Enter」を押します。

「月/日」という形式で入力

セルには「8月1日」と表示されています。

表示

入力したセルをクリックして、上の数式バーをみると「2019/8/1」と表示されています。

「2019/8/1」と表示

「8/1」のように、年を省略して入力した場合、自動で「今年」の年が補完されます。

「2018年」の「8月1日」を入力したい場合は、「2018/8/1」というように 「年/月/日」形式で入力します。

日付が右側に表示される理由

通常、セルに「文字列」を入力するとセルの左側に表示され、 「数値」を入力すると右側に表示されます。

日付は文字列を同じように左側に表示されそうですが、右側に表示されます。

日付が右側に表示

なぜ右側に表示されるかと言うと、

Excelでは内部的に、日付を「数値」で管理しています。 「1900年1月1日」を「1」として、「1900年1月2日」を「2」というように 連番で管理しています。ちなみに「2019年8月1日」は「43678」です。

内部的に数値で持っているため、「数値」と同じようにセルの右側に表示されます。

日付の数値を確認したい場合は、

セルを選択して、 「ホーム」タブの数値グループにあるリストで「数値」を選択すると確認できます。

日付の数値を確認
スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする