Excel - 行や列を挿入・削除するショートカット

Excelを使用していると、行や列を挿入(削除)したい場合が結構あります。 リボンに表示されている挿入(削除)ボタンをクリックするよりも、 ショートカットキーを使った方が効率が良いくなります。

このページでは行や列を挿入・削除するためのショートカットキーと 知っておきたいポイントを紹介します。

行や列を挿入するショートカット

行を挿入

行を挿入する場合は、行を選択した状態で(下図参照)、

行を選択

★「Ctrl」+「+」キー
または
★「Ctrl」+「Shift」+「+」キーを押します。

ポイントとして、テンキーの「+」キーを押す場合は、 「Ctrl」+「+」キーでOKです。

テンキーではなく、通常の「+」キーを押す場合は、 「Ctrl」+「Shift」+「+」キーをおします。

列を挿入

列を挿入する場合も、やり方は同じです。

列を選択した状態で

★「Ctrl」+「+」キー
または
★「Ctrl」+「Shift」+「+」キーを押します。

行や列を削除するショートカット

削除する場合は、「+」キーが「-」キーに変わるだけです。

行を削除

削除する行を選択した状態で

★「Ctrl」+「-」キー
または
★「Ctrl」+「Shift」+「-」キーを押します。

列を削除

削除する列を選択した状態で

★「Ctrl」+「-」キー
または
★「Ctrl」+「Shift」+「-」キーを押します。

セルを選択した状態でショートカットキーを押した場合、

これまでの説明はすべて、 行や列を選択した状態からショートカットキーを押しました。

行や列を選択せずに、 セルを選択した状態でショートカットキーを押した場合は、 下図のような確認画面がでます。

確認画面

この画面で、セル単位で挿入(削除)するか、 行・列単位で挿入(削除)するかを選択できます。