関数であいまい検索をする方法 - Excel

Excelの関数内(IFやVLOOKUP等々)であいまい検索をしたい場合は、「*」アスタリスクや、 「?」クエスチョンマークのワイルドカードを使います。

あいまいな部分の文字数が決まっていない場合は「*」アスタリスクを使い、 文字数が決まっている場合は「?」クエスチョンマークを使います。 「?」1つで1文字分です。

ワイルドカードであいまい検索

下の住所テーブルからCOUNTIF関数を使って特定データの件数を取得します。

住所
東京都品川区
東京都荒川区
大阪府大阪市
大阪府堺市

★ 「東京都」で始まるデーターの件数をカウントする場合は、 次のようなCOUNTIF文となります。

COUNTIF(データ範囲,"東京都*")

★ 「」で終わるデータの件数をカウントする場合は、 次のようなCOUNTIF文となります。

COUNTIF(データ範囲,"*市")

「*」と「?」の具体例

あいまい検索をする場合、通常は「*」アスタリスクを使うことが多いと思いますが、

「*」アスタリスクと「?」クエスチョンマークの具体例を紹介します。

パターンあてはまる例
*大広大、偉大
大*大学、大雑把
*大*壮大な土地、誇大広告
?大東大、甚大
大?大人、大型
大??大往生
?大?右大臣、巨大魚
スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする