プログラミングスクールが無駄になる人と有益になる人の違い

プログラミングスクール

プログラミングを学ぶにあたって、 プログラミングスクールに入ろうかどうか迷っている方も多いと思います。

ネットでスクールの情報を調べても「時間やお金の無駄」とい意見や、 逆に「スクールに行って良かった」という意見もあります。 無駄か有益かははっきり言って本人の心構え次第です。

そこでこのページではプログラミングスクールが「無駄になる人」と 「有益になる人」の違いについて説明します。

プログラミングスクールが無駄になる人の特徴

授業が自分のレベルにあっていない

自分のレベルとスクールの授業のレベルがかけ離れていると授業が無駄になります。

ある程度できる人が入門講座をうけるのも無駄ですし、 初心者がレベルの高い授業を受けても付いていけずにお金と時間を浪費するだけです。

その授業がどういうレベルなのかを事前にしっかりと確認しましょう。

目標が明確でない

プログラミングスクールに通うにあたって、 何を目標とするのかを明確にしておきましょう。

  • 自分でWebサービスが作れるようになる
  • プログラミングの仲間を作りたい
  • スクール経由でIT企業に就職したい

スクールに通った結果、最終的にどうなりたいのかを決めておくことが大事です。

受け身でスクールに通っている

授業を受けていれば身に付くだろうと思っている「受け身」型の人は上達が遅いです。

上達が早い人は、授業以外でも自主的にプログラミングの学習に時間を割いています。

学習したことをしっかりと身につけるには、自主的な復習が必要です。

性格的にプログラミングに向いていない

何を行うにも向き不向きがありますよね。プログラミングも同じです。

IT業界で働いていて、 「この人はプログラミングのセンスが全然ないな」という人も少なからずいました。

でもそういう人は逆に「営業」などの「人とコミュニケーションをとる仕事」の方が 向いていたりします。

仮に自分がプログラミングに向いてなくても気にする必要はありません。 世の中にはプログラミング以外の仕事はいくらでもあります。 長い目で見て自分に向いている職業についた方がいいと思いますよ。

プログラミングスクールが有益になる人の特徴

有益

独学で挫折した経験のある人

過去に独学にチャレンジして挫折した人は、 プログラミングスクールに通った方がいいでしょう。

プログラミング中のエラーが自分で解決できずに、 結局挫折してしまう人が多いようです。

エラーが出て困った時に、アドバイスしてもらえる環境があるのは大きなメリットです。

困った時はスクールの講師やメンターを積極的に利用してください。

スクールを通してIT企業に就職したい人

プログラミングスクールによっては、IT企業への就職を仲介してくれるスクールもあります。

実務未経験でIT企業に就職したい場合は、こうしたスクールを利用するのも大いにありです。

紹介して入った企業があまり良い企業でなかった場合は、 プログラミングの技術を高めてさっさと転職しましょう。 その時点では業務未経験じゃなくなっているので、技術があれば転職できます。

終身雇用などとっくに崩壊しています。会社よりも自分自身をあてにしましょう。

目標が明確な人

目標が明確だと、自分のやるべき事がぶれにくくなります。

スキルアップ、就職、仲間づくりなど、うまくいく人は自分なりの軸を持っています。

プログラミングの仲間が欲しい人

人によってはみんなとワイワイするのが好きな性格の人もいます。 そうした人はスクールで仲間と教えあいながら勉強した方が、続きやすいでしょう。

この辺は、これまでの学校生活で自分がどういうタイプの人間だっかたを考えると いいと思います。

まとめ

最初の方でも書きましたが、 プログラミングスクールが「無駄になるか、有益になるか」は本人次第です。

自分の性格、使えるお金、使える時間などを考慮して、 スクールに通うかどうかを決めてください。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする