jQeuryを導入するメリットとデメリット

jQuery

jQeuryはJavaScriptのライブラリとしては一番メジャーです。

現在は「Vue.js」・「React」・「AngularJS」等のライブラリ(フレームワーク)が 数多く開発されています。

そのため一部では「jQeuryは終わった」という声も聞かれますが、全然終わっていません。 今後も数多くの開発現場で使われることでしょう。

そこで、ここではjQeuryを導入するメリット・デメリットを紹介します。

jQuery導入のメリット

DOM操作が簡単にできる

この「DOM操作が簡単」というのが、 jQeuryがここまで普及した大きな理由としてあります。

DOM操作というのは、HTML内の各要素に対して装飾をほどこしたり、 動きをつけたりすることです。

例えば、JavaScriptだと


document.getElementByID('#hoge')

と書くところを、jQeuryでは


$('#hoge')

で済みます。

これはほんの一例に過ぎず、 コードが多くなればなるほど、jQeuryのシンプルな記述の恩恵を受けることができます。

ajax(非同期通信)が簡単にできる

JavaScriptというプログラム言語が現在のように普及した要因の一つに、 ajax(非同期通信)があります。

そしてajaxの普及に伴って、 ajaxが簡単に実装できるjQeuryが普及したのも必然の流れといえます。

機会があれば一度「JavaScriptでのajax実装」と、 「jQeuryでのajax実装」を比べてみてください。jQeuryの方が簡単です。

コードが少なくて済む

jqueryロゴ

jQeuryのロゴに下に「write less, do more」と書いてあります。 「少ない記述で、多くのことができる」、この考え方がjQeuryの根本にあります。

先程のDOM操作の部分でみたように、コードが少なくて済むから開発効率がよくなり、 コードの可読性が高いからメンテナンス性も高まります。

クロスブラウザ対応

昔ほどではありませんが、javascriptの動作はブラウザによって動作がちがう部分があり、 ブラウザ毎の処理を記述するのは非常に面倒です。

jQeuryはその面倒な部分を引き受けてくれるため、 開発者がブラウザ毎の処理を気にする必要がありません。

対応しているブラウザの種類も広く、 以下のサポートページで確認できます。

jQeury ブラウザ サポートページ

アニメーション等の動く部品を簡単に作れる

Webサイトを見ていると、メニューが上下や左右にスライドしたり、 画像がフェードイン・フェードアウトしたりするサイトがあります。

こうした動きのあるパーツを簡単に実装できるのもjQeuryの特徴です。

CSS3でもメニューをスライドさせたりできるのですが スタイル設定の記述が複雑になり、はっきり言って見にくいコードになりまうす。

その点、jQueryならシンプルな記述で済むので、可読性・メンテナンス性が高くなります。

jQeuryプラグインが豊富にある

jQueryプラグインとは、jQeuryの使用を前提とした拡張機能です。

「jQuery UI」を始めとして、jQeuryプラグインが豊富にあります。

メニュー、画像スライダー、フォーム等の様々なjQueryプラグインを利用することで より効率よく開発することもできます。

バグが少ない

jQueryは歴史が長いため、バグの多くは既に修正されています。 そのため非常に安定感のあるライブラリです。

また、世界中で多くの開発者に使用されていることから情報が豊富にあり、 jQueryの事で何か困っても、ネットで検索すれば解決します。

jQuery導入のデメリット

学習コストがかかる

jQeuryを使いこなすためには、当然jQeury独自の記述方法やメソッドを覚える必要があります。 ですが、jQueryの学習は難しくありません。

例えば、DOM操作の方法を覚えるのに、JavaScriptでのDOM操作方法を学ぶ時間よりも、 jQueryでのDOM操作方法を学ぶ時間の方が短く済みます。

同じことをするにも、結局はjQeuryを学んだ方がコスパが良くなります。

jQeuryを読み込む時間が必要

jQeuryは多くの機能をまとめたライブラリなので、 jQueryを読み込むための時間が必要となります。

よほど通信スピードが遅い場合は多少の影響があるかもしれませんが、 現在のネット環境ではあまり気にする必要はありません。

まとめ

jQeuryを導入するメリットとデメリットを記述しましたが、 結論は「メリットの方が断然大きい」といえます。

DOM操作やajax、アニメーション効果が簡単に実装でき、コードの可読性・メンテナンス性が高まり、 クロスブラウザ対応、さらにブラグインも豊富にあります。

jQeuryを学習する際は、良質な入門書を1冊読めばOKです。

jQueryの入門書としておすすめは下の本です。

特にサンプルの構成が良く考えられていて、 やさしい機能から徐々に複雑な機能が実装できるような構成になっています。

この本でjQeuryの基本を学んで、その後はネットで調べれば大丈夫です。

jQuery公式サイト