VS Code - 折り畳み・展開機能の使い方とショートカットキー

「Visual Studio Code」には、コードの折り畳み・展開機能があります。

長いソースコードを開いている場合は、 折り畳み・展開機能を使うことで効率よくコーディングができますよ。

ここでは、折り畳み・展開機能の使い方とショートカットキーを紹介します。

折り畳み・展開をマウスで行う

ソースコードの左側、行番号が表示されている領域にマウスカーソルをのせると、 四角で囲まれた「-」記号が表示されます。

ソースコードの左側

この「-」記号をクリックすることでコードが下図のように折りたたまれます。 折りたたむことで「-」記号が「+」記号に変わります。

コードの折り畳み

コードを展開する場合は、「+」記号をクリックします。

コードの展開

折り畳み・展開のショートカットキー

ショートカットキーは次の通りです。

ショートカット内容
Ctrl + Shift + [カーソルのあるブロックを折りたたむ
Ctrl + Shift + ]カーソルのあるブロックを展開する
Ctrl + k → Ctrl + [カーソルのあるブロックを再帰的に折りたたむ
Ctrl + K → Ctrl + ]カーソルのあるブロックを再帰的に展開する
Ctrl + K → Ctrl + 0すべて折りたたむ
Ctrl + K → Ctrl + jすべて展開する