VS Code - エンコード・デコードしてくれる拡張機能

Visual Studio Codeでエンコードやデコードをしたい場合は、 拡張機能「Encode Decode」がおすすめです。

「Encode Decode」

この拡張機能を使うと、 下図で表示されている色々な種類のエンコード・デコードが出来ます。

機能一覧

ここでは、拡張機能「Encode Decode」の使い方や、出来ることを紹介します。

「Encode Decode」の使い方

流れとしては次の通りです。

  • エンコード・デコードしたい文字列を選択
  • エンコード・デコードの機能一覧を表示
  • 一覧の中から該当機能を選択

エンコード・デコードの機能一覧を表示させる方法は2つあります。

ショートカットで機能一覧を一発表示

文字列を選択後、ショートカットキー「Ctrl + Alt + C」で、 次のような機能一覧が表示されます。

機能一覧

コマンドパレットから機能一覧を表示

先程紹介したショートカットキー「Ctrl + Alt + C」を忘れた場合は、 コマンドパレット経由で機能一覧を表示します。

「Ctrl + Shift + P」でコマンドパレットを表示し、 「convert」と入力した辺りで「convert selection」が表示されるので選択します。

「convert selection」

「convert selection」を選択すると、機能一覧が表示されます。

機能一覧

機能一覧が表示されたら、その中から実行したい機能を選択してください。

「Encode Decode」で出来ること

機能一覧を表示させると、次のような機能があることがわかります。

  • String to Base64
  • Base 64 to String
  • String to JSON Byte Array
  • Base64 to JSON Byte Array
  • String to MD5 Hash (as Base64 String)
  • String to HTML Entities
  • String to HTML Entities(as Decimal Entity)
  • HTML Entities to String
  • integer to Crockford Base32
  • Crockford Base32 to integer
  • String to Unicode
  • Unicode to String
  • String to Encode Url
  • Encoded Url to String

「まず使わないだろう」という機能もありますが、 使う人が多そうな機能としては次の機能でしょうか。

  • String to HTML Entities
  • HTML Entities to String
  • String to Encode Url
  • Encoded Url to String

ここでは例として「String to HTML Entities」を実行してみます。

「String to HTML Entities」

「String to HTML Entities」は、 「<」や「>」等の特殊文字をアンパサンド付きの「HTML Entities」に変換してくれます。

例として、


<p>Hello World</p>

上の文字列を「String to HTML Entities」は次のように変換してくれます。


&lt;p&gt;Hello World&lt;/p&gt;

この「HTML Entities」を元の文字列に戻したい場合は、 「HTML Entities to String」を実行します。

このように、エンコード・デコードを行いたい場合は、 拡張機能「Encode Decode」をインストールしておくと役に立ちます。