JavaScript - 文字列から1文字だけ取得 charAt()

JavaScriptで文字列から1文字だけ取得したい(抜き出したい)場合は、 charAt()メソッドを使用します。

substr()メソッドでも同じように1文字取得ができますが、 charAt()は1文字限定のメソッドです。

charAt()メソッドの構文


文字列.charAt(インデックス)

特徴

  • 引数として文字列のインデックスを指定する
  • 先頭文字を取得する場合の引数は「0」
  • 2文字目を取得する場合の引数は「1」
  • 引数が省略された場合は先頭文字を返す
  • 引数が文字数を超えている場合は、空文字を返す
  • 文字列の最終文字を取得する場合は「文字列.length - 1」を使うと便利

「文字列.charAt(インデックス)」は「文字列.substr(インデックス, 1)」でも代替できます。

サンプルコード

charAt()メソッドのサンプルコードを紹介します。


var str = "hoge";

// 先頭文字を取得
console.log(str.charAt(0)); // h

// 2番目の文字を取得
console.log(str.charAt(1)); // o

// 引数なしの場合は先頭文字を取得
console.log(str.charAt());  // h

// 文字数以上の指定は、空文字を返す
console.log(str.charAt(9)); // 空文字

// 「文字列.length - 1」で最終文字を取得
console.log(str.charAt(str.length - 1)); // e

ループして1文字ずつ抜き出す

次のコードは、for文を使って文字列の先頭から最後までを1文字ずつ取得します。


var str = "hoge";

for (var i = 0; i < str.length ; i++){
  console.log(str.charAt(i));
}

// 実行結果
h
o
g
e

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする