秀丸でインデント時にタブをスペース(空白)にする方法

プログラミングでインデント(字下げ)する場合、 以前は「タブ」が普通でしたが、 現在では「スペース」を使う人も多くいます。

「タブ」か「スペース」かで議論があるぐらいです。

ここでは、秀丸エディタで「タブ」キーを押したときに スペース(空白)を入力する方法を紹介します。

★ メニューの「その他」 ⇒ 「ファイルタイプ別の設定」をクリック。

ファイルタイプ別の設定

★ 「ファイルタイプ別の設定」画面の左側、 設定の対象から「体裁」 ⇒ 「タブ」を選択。

「体裁」 ⇒ 「タブ」

★ 下側にある「タブキーで空白入力」にチェックを入れる。

タブキーで空白入力

これで、タブキーを押したときにスペース(空白)が入力されます。

スペースの数は、上側にある「タブの文字数」で設定できます。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする