Google検索 - 著作権フリーの画像を検索する

Google検索では、著作権フリーの画像を検索することもできます。

あくまでGoogleがプログラムで自動的に判断しているため、 完璧ではありませんが、かなりの精度で著作権侵害にならない画像が表示されます。

ここでは著作権フリーの画像の検索方法と、実際に著作権フリーかどうかの検証結果を紹介します。

著作権フリーの画像を検索

では実際に「花火」をキーワードに著作権フリーの画像を検索してみます。

まずは検索ボックスに「花火」と入力し、 「画像」をクリックして画像一覧を表示させます。

花火の画像

★ 検索窓の右下にある「ツール」をクリック。

ツールボタン

★ 新たにメニューが表示されるので、「ライセンス」をクリック。

ライセンス

★ ライセンスのリストが表示されます。この中から「改変後の再使用が許可された画像」か、 「再使用が許可された画像」を選択します。

ライセンスのリスト

★ ここでは「再使用が許可された画像」を選択してみます。

「再使用が許可された画像」を表示

著作権フリーかどうかを調べてみる

表示されている画像が、実際に著作権フリーかどうかを調べてみます。

検証: widipedia の画像

左端の赤枠で囲まれている画像を調べてみます。

widipedia の画像

この画像はwidipediaの画像で、次のよう表示されていました。

著作権情報

「CC 表示-継承 4.0」ですから、 クレジット(氏名や作品タイトルなど)を表示すれば自由に使える画像で、 改変した場合は元画像と同じCCライセンスで公開する必要があります。

検証: flicker.com の画像

真ん中の赤枠で囲まれている画像を調べてみます。

flicker.comの画像

この画像はflicker.comの画像で、次のように表示されていました。

著作権情報

このマークはクレジット(氏名や作品タイトルなど)を表示すれば自由に使える画像です。

検証: photozou.jp の画像

右端の赤枠で囲まれている画像を調べてみます。

photozou.jp の画像

この画像はphotozou.jpの画像で、次のように表示されていました。

著作権情報

これもクレジット(氏名や作品タイトルなど)を表示すれば自由に使える画像で、 改変した場合は元画像と同じCCライセンスで公開する必要があります。

まとめ

上で検証した画像以外もいくつか見てみましたが、 クレジット表示で自由に使える画像か、 クレジット表示なしで自由に使える画像が表示されていました。

機械的に処理しているため完璧ではないでしょうが、 かなりの高い確率で著作権フリーの画像が表示されているようで、十分使える機能です。。

もちろん、実際に画像を使用する場合は、 著作権フリーかどうかを自分で確認してから使用してください。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする