JavaScript - 定数を利用する(const)

JavaScriptで定数を利用するには、const命令を利用します。

constとは、「定数の、値の変更ができない」という意味です。

const命令の構文


const 定数名 = 値

一般的には、変数と区別するために、定数は大文字で記述します。

そして、単語と単語の間は(_)アンダーバーでつなぎます。

例: TAX、CONSUMPTION_TAX、MAX_PRICE など

constの使い方

定数としてよく使われる例に消費税の税率があります。

税率が変わったときに、定数を宣言している部分の数値を変更するだけで済みます。


const TAX = 1.10; // 税率

let price = 100;

console.log(Math.floor(price * TAX)); // 110

price = 150;

console.log(Math.floor(price * TAX)); // 165

constで宣言した定数は、途中で値を変更することができません。

ですから、次のような記述はエラーとなります。


const TAX = 1.08; // 税率

TAX = 1.10; // エラー Uncaught TypeError: Assignment to constant variable.