JavaScript - scriptタグの位置は、body閉じタグの前がおすすめ

JavaScriptファイルを読み込むためのscriptタグを記述する位置は、 特に指定があるわけではありません。

以前はheadタグ内に書くのが普通でしたが、

現在は、bodyタグの閉じタグの直前に書くことが推奨されています。

scriptの位置

body閉じタグの前がおすすめの理由

headタグ内の問題点

ブラウザの動作として、 JavaScriptファイルをロード・実行している間、 HTML解析・描画は途中でストップしている状態です。

そしてJSファイルの実行が完了してからHTML解析・描画を再開します。

ですから、ファイルサイズの大きなJSファイルがheadタグ内にあると、 それだけHTML解析・描画が遅れる可能性があります

body閉じタグ前のメリット

body閉じタグの前なら、 HTML解析・描画が終わる段階でJSファイルのロード・実行を行うため、 先のような遅延がありません

そのため、body閉じタグの前が推奨されています。

通常、JavaScriptの処理は、HTMLを解析した後に行います。

ですから、body閉じタグの前でも特に支障はないはずです。

何か特別な理由がある場合は別として、

通常はbody閉じタグの前にscriptタグを記述することをオススメします。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする