JavaScript - textContentとinnerHTMLの違い

JavaScriptで要素のテキスト内容を取得・設定する場合、 「textContent」プロパティか「innerText」プロパティを使用します。

似ているようですが、違いをしっかりと押えておきたいプロパティです。

ここでは、両者の違いについて説明します。

テキストかHTMLか

textContentは名前の通り、テキストとして情報を扱います。

innerHTMLは、HTMLとあるようにHTML文字列として扱います。

テキストかHTMLか」というのが大きな違いです。

取得時の違い

具体的にどう違うかを見ていきます。

HTML

次のHTMLは、p要素があり、文字列の一部がbタグで囲まれています。

<p id="test">Hello <b>World</b>!</p>

JavaScript

上のp要素の内容を textContent、innerHTMLでそれぞれ表示してみます。

var elem = document.getElementById('test');

console.log(elem.textContent); // Hello World!

console.log(elem.innerHTML);   // Hello <b>World</b>!

textContentは、テキスト情報だけが表示されています。

一方、innerHTMLでは文字列中にあるbタグも含めて、HTMLとして表示されています。

テキストだけでいい場合は、textContentを使い、HTMLとして扱いたい場合は innerHTMLを使います。

設定時の違い

次は、設定時の違いについて見ていきます。

HTML

空のp要素を2つ用意します。


<p id="test1"></p>

<p id="test2"></p>

JavaScript

textContentプロパティ、innerHTMLプロパティのそれぞれに 文字列「Hello <b>World</b>!」を設定します。


// textContent
var elem1 = document.getElementById('test1');

elem1.textContent = 'Hello <b>World</b>!'

// innerHTML
var elem2 = document.getElementById('test2');

elem2.innerHTML = 'Hello <b>World</b>!'

結果は、次のように表示されます。

設定結果

textContetプロパティは単なるテキストとして設定するため、bタグもそのまま文字列として 表示されています

一方、innerHTMLプロパティはHTMLとして設定するため、bタグ部分は太文字で表示されています

textContentとinnerHTMLはどちらが高速?

innerHTMLはHTMLとして扱うため、「HTML解析」というプロセスが入ります。

ですから、その分だけinnerHTMLの方が遅くなります。

textContentは「HTML解析」が必要ないので高速です。

どっちを使えばいいの?

スピードや安全性を考慮して、基本的には「textContent」を使うことをおすすめします。

HTMLとして取得・設定する必要がある場合だけ「innerHTML」を使います。

まとめ

・textContentはテキストとして取得・設定する場合に使用します。

・innerHTMLはHTMLとして取得・設定する場合に使用します。

・処理速度、安全性から考えて、textContentの使用を優先することをおすすめします。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする