JavaScript - getElementById()の使い方

JavaScriptで「id値」から要素を取得する場合は、 getElementById()メソッドを使います。

getElementById()は他のメソッドと比べて、 最もシンプルかつ高速な手法です。

id属性が設定されている場合は、積極的にこのメソッドを使いましょう。

構文


document.getElementById('id値')

id値は、id属性の属性値のことです。

サンプルコード

次のサンプルコードは、 「id="test"」のid属性を持つp要素のテキストを取得・設定します。

HTML


<p id="test">Hello</p>

JavaScript


// 要素を取得
var elem = document.getElementById('test');

// テキストを取得
console.log(elem.textContent); // Hello

// テキストを設定
elem.textContent = 'World';

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする