JavaScript - (基本)配列を作成する

配列は同じ種類のデータを管理するための箱です。

配列の作成方法は2つあります。 「配列リテラル」を使う方法と、「Array()コンストラクタ」を使う方法です。

ここでは、両方の方法について説明します。

配列リテラルで作成する方法

配列リテラルを使って配列を作成するには、次のように記述します。


// 要素が5つの配列
var arr = [1, 2, 3, 4, 5];

// 要素が3つの配列
var arr = ['a', 'b', 'c'];

// 空の配列
var arr = [];

// 変数の値を使った配列
var a = 1;
var arr = [a, a + 1, a + 2];

Array() コンストラクタで作成する方法

Array() コンストラクタを使って配列を作成するには、次のように記述します。


// 要素が5つの配列
var arr = new Array(5);

// 要素が3つの配列
var arr = new Array(3);

// 空の配列
var arr = new Array();

// 要素が5つの配列(初期値を指定)
var arr = new Array(1, 2, 3, 4, 5);

// 要素が3つの配列(初期値を指定)
var arr = new Array('a', 'b', 'c');

配列の値を参照する方法

配列の値を参照するには、ブラケット構文[]で参照します。


var arr = [1, 2, 3];

// 先頭の要素を参照
console.log(arr[0]); // 1

// 2番目の要素を参照
console.log(arr[1]); // 2

配列のインデックス番号は「0」から始まることに注意してください。

まとめ

・配列を作成するには、「配列リテラル」と「Array()コンストラクタ」の2通りあります。

・配列の要素を参照するにはブラケット構文[]を使います。

・配列のインデックスは、「0」から始まります。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする