JavaScript - 配列のループ中でbreakが使える場合、使えない場合

JavaScript で配列のループ中に break文を使ってループを抜け出したい場合があります。

ですが、for文中ではbreakが使えますが、forEach()ではbreakは使えません。

ここでは、配列のループ中にbreakが使えるケースと、使えないケースについて説明します。

break文とは?

break文は、処理を途中で抜け出すための文で、 ループ文と switch 文でのみ使用できる文です。

break文が実行されると、最も内側のループ文や switch 文から抜け出します。

ループ文とは?

上の説明でいう「ループ文」とは何でしょうか?

ループ文とは、for文、while文、do-while文です。

for文の中には、for-in文、for-of文も入ります。

まとめると、「ループ文」は次のようになります。

  • for文
  • for-in文
  • for-of文
  • while文
  • do-while文

これらのループ文中では break文が使え、 その他の場合は、break文は使えません。

言い換えると、 「break文はループ文中では使え、メソッド系では使えない」と言えます。

forEach()、map()、filter()などはメソッドですからbreak文は使えません。

この点に注意して、配列のループ方法を選択する必要があります。

まとめ

・そもそもbreak文は、ループ文と switch 文でのみ使用できる文です。

・ループ文は for文、while文、do-while文。

・break文はforEach()などのメソッド中では使えません。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする