JavaScript - 「for of」を使った配列のループ

JavaScriptで配列のループ方法は、for文、while文、forEach()、map()など いろいろな方法があります。

ここでは、その中の1つ「for of」を使った配列のループ方法を紹介します。

「for of」の構文


for(変数 of 反復可能なオブジェクト){
	処理
}

「for of」を配列のループで使用する場合は、次のように記述します。


for(変数 of 配列){
	処理
}

変数にはが入ります。

「for in」を使った場合は変数にインデックスが格納されますが、 「for of」の場合は変数にが格納されます。

「for of」のサンプルコード

「for of」で配列のループ処理を行う場合は、次のように記述します。


var arr = ["a", "b", "c", "d", "e"];

var value = "";

for (value of arr){
	console.log(value);
}

// 実行結果
a
b
c
d
e

「for of」の注意点

「for of」はES2015で追加されました。

ですから、古いブラウザでは動作しない可能性があります。

その場合は、代わりとしてforEach() などの方法を選択してください。

まとめ

・JavaScript では、配列ループ手法の1つとして「for of」があります。

・変数部分には「値」が格納されます。

・「for of」はES2015から導入された方法です。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする