Googleアナリティクス - ページの流入元を調べる方法

Webサイトへのアクセス経路は大きく4つに分かれます。

検索エンジン経由、アドレスを直接入力、他サイトのリンク経由、SNS経由の4つです。

ここでは、Googleアナリティクスを使ってWebサイトの流入元を調べる方法を紹介します。

流入元を調べる

アクセス経路を知るには、

サイドメニューの「集客」 ⇒ 「概要」をクリック。

「集客」 ⇒ 「概要」

下の図は「デモアカウント」の数値です。

  • 「Organic Search」が検索エンジン経由
  • 「Direct」がアドレス直接入力
  • 「Referral」が他サイトのリンク経由
  • 「Social」がSNS経由
経路概要

それぞれをクリックすることで詳細を確認できます。

「Organic Search」 検索エンジン経由

「Organic Search」をクリックすると、 どういう検索キーワードでアクセスしてきたのかがわかります。

ただし、現在はサイトのSSL化により検索キーワードがわからないケースがほとんどです。

下の図をみると「not provided」がほとんどです。

検索キーワードを知りたい場合は、「Googleサーチコンソール」を使用してください。

検索エンジン経由

「Direct」 アドレス直接入力

「Direct」をクリックすると、 どのページに直接アクセスしてきたかがわかります。

アドレス直接入力

「Referral」 他サイトのリンク経由

「Referral」をクリックすると、 どのサイトから訪問してきたのかがわかります。

他サイトのリンク経由

「Social」 SNS経由

「Social」をクリックすると、 どのSNSから訪問してきたのかがわかります。

下の図では「You Tube」からの流入が多いことがわかります。

SNS経由

まとめ

・Googleアナリティクスを使うとWebサイトの流入元を知ることができます。

・主なアクセス経路は検索エンジン、直接入力、リンク、SNSの4つがあります。

・流入元を知ることで、自分のサイトの強みや弱みがわかります。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする