Googleアナリティクス - セッションの定義と、ユーザーとの違い

Googleアナリティクスの重要な用語として「セッション」や「ユーザー」があります。

ここでは、「セッション」の定義と、「ユーザー」との違いについて説明します。

「セッション」の定義

「セッション」は、訪問者が訪れてから、 サイトを出て行くまでの流れを1つの単位にしたものです。

ある人が、ページA -> ページB -> ページC と遷移した場合、 これを1セッションとカウントします。

ただし、30分以上たって同じ人が訪問した場合も新しく1セッションとしてカウントします。 この場合は、合計2セッションとなります。

「セッション」と「ユーザー」の違い

「ユーザー」は訪問者数です。

同じ人が何回サイトを訪れても「ユーザー」数は1です。

ある人がサイトを訪れて、その1時間後にまたサイトを訪れた場合、

ユーザー数は1、セッション数は2となります。

通常は下図のようにユーザー数よりもセッション数が多くなります。

セッションとユーザー

まとめ

Googleアナリティクスでの「セッション」は、訪問者が訪れてから、 サイトを出て行くまでの流れを1つの単位にしたものです。

同じユーザーが時間をおいて複数回訪問した場合は、 ユーザー数よりもセッション数が多くなります。

Googleアナリティクスでは「平均セッション時間」、「新規セッション率」など、 「セッション」という言葉がよく使われます。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする