Google アナリティクス - 特定IPからのアクセスを除外する

「Google アナリティクス」でアクセス解析をする時に、 通常は自分や自分が属する組織からのアクセスは除外します。

ここでは特定IPからのアクセスを除外するフィルターの設定方法を紹介します。

特定IPからのアクセスを除外する

「管理」画面

「Google アナリティクス」にログインし、

★ メニューの「管理」をクリック。

管理

★ アカウント列(左側)で対象のアカウントを選択。

★ プロパティ列(中央)で対象のプロパティを選択。

★ ビュー列(右側)の「フィルター」をクリック。

フィルター

フィルタへ入力

「ビューにフィルタを追加」画面が表示されます。

ここに除外条件を入力していきます。

ビューにフィルタを追加

★ まず、「フィルタ名」を入力。任意の名前を入力します。

フィルタ名

★ フィルタの種類は「定義済み」を選択。

定義済み

「定義済み」ボタンの下に3つのセレクトボックスが並んでいます。

★ 左側のセレクトボックスから「除外」を選択。

除外

★ 中央のセレクトボックスから「IPアドレスからのトラフィック」を選択。

IPアドレスからのトラフィック

★ 右側のセレクトボックスから「等しい」を選択。

等しい

★ 「IPアドレス」欄に除外したいIPアドレスを入力します。

IPアドレス

★ 「保存」ボタンをクリック

これでフィルタの設定が完了です。

保存

確認

フィルタの一覧が表示されます。 先程作成したフィルタが表示されていることを確認してください。

確認

★ フィルタを削除する場合は、右端の削除をクリックします。

フィルタを削除

まとめ

★ アクセス解析では、通常自分のアクセスは除外します。

★ 「Google アナリティクス」では、フィルタ機能を使って特定IPからのアクセスを除外できます。

★ フィルタ機能では、特定IP以外にも色々な設定ができます。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする