JavaScript - オブジェクトの配列をソートする

JavaScript でオブジェクト(連想配列)の配列をソートする場合は、 sort() メソッドを使って、並べ替えたいキーを指定します。

普通の配列とほとんど同じような間隔で簡単にソートできます。

オブジェクトの配列

次のような「name」と「point」をプロパティとして持つオブジェクトの配列を 想定します。

// 名前、得点
var arr = [{name: "tanaka", point: 50},
		   {name: "yamada", point: 30},
		   {name: "suzuki", point: 60},
		   {name: "takeda", point: 40}
		  ];


「得点」をキーとしてオブジェクトの配列をソートする

「得点」をキーとして得点順にソートする場合(昇順)は、 次のようになります。


// 名前、得点
var arr = [{name: "tanaka", point: 50},
		   {name: "yamada", point: 30},
		   {name: "suzuki", point: 60},
		   {name: "takeda", point: 40}
		  ];

// ソート
arr.sort(function(a, b){
	if (a.point > b.point) return 1;
	if (a.point < b.point) return -1;
	return 0;
});

console.table(arr);

実行結果

オブジェクトの配列をソート1

比較関数内の条件式で「a.point」や「b.point」とプロパティを指定します。

そうすることで特定のキー(プロパティ)でソートできます。

降順の場合の例

昇順ではなく、降順にしたい場合は 不等号を入れ替えるか、return の値を入れ替えます。

次のコードは、return の値を入れ替えています。


// ソート
arr.sort(function(a, b){
	if (a.point > b.point) return -1;
	if (a.point < b.point) return 1;
	return 0;
});

「名前」キーとしてオブジェクトの配列をソートする

「名前」をキーとしてアルファベット順にソートする場合も、 先程とほとんど同じです。

指定するプロパティ名が違うだけです。


// 名前、得点
var arr = [{name: "tanaka", point: 50},
		   {name: "yamada", point: 30},
		   {name: "suzuki", point: 60},
		   {name: "takeda", point: 40}
		  ];

// ソート
arr.sort(function(a, b){
	if (a.name > b.name) return 1;
	if (a.name < b.name) return -1;
	return 0;
});

console.table(arr);

実行結果

オブジェクトの配列をソート2

比較関数内の条件式で「a.name」や「b.name」とプロパティを指定します。

そうすることで特定のキー(プロパティ)でソートできます。

今回はアルファベット順のソートとなります。

まとめ

オブジェクトの配列をソートする場合は、sort() メソッドを使います。

sort() メソッドの比較関数内で、ソートしたいプロパティを指定します。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする