WordPress - 権限グループの違いについて

WordPress では、新規ユーザーを追加する際に「権限グループ」を選択します。 権限グループには「管理者・編集者・投稿者・寄稿者・購読者」があり、 それぞれ出来ることが違っています。

ここでは、権限グループ違いについて説明します。

権限グループと可能な作業

次の表は、権限グループの種類と可能な作業の概要です。

権限グループ可能な作業
管理者全ての管理機能を操作できる
編集者他のユーザーを含む全てのの投稿を管理、公開できる
投稿者自分自身の投稿を管理・公開できる
寄稿者自分自身の投稿を管理・編集はできるが、公開はできない
購読者プロフィールの管理のみできる

ケース別、適切な権限グループ

記事作成・投稿はしてもらいたいが、管理者自身が内容を確認した後に公開したい場合

記事の作成・投稿までは任せられるが、 最終的な内容確認は管理者や編集者が行い、 それから公開したい場合は「寄稿者」を選ぶといいでしょう。

記事作成から記事公開までを任せたい場合

すでに実績・信用のあるメンバーで、、記事の作成から公開までを任せたい場合は、 「投稿者」を選ぶといいでしょう。

他人が書いた記事をチェックして、OKなら公開してもらいたい場合

管理者的な立場で、自分の記事だけでなく、他人の記事の管理も任せたい場合は 「編集者」を選ぶとよいでしょう。

まとめ

WordPress の権限グループには、管理者・編集者・投稿者・寄稿者・購読者の5つがあります。

複数のメンバーで Webサイトを管理する場合は、 それぞれの役割に応じた権限グループを付与することで、安全に管理できます。