WordPress - 問い合わせフォーム「Contact Form 7」を設置する

企業サイトはもちろん、個人のサイトでも本格的に運用しているサイトなら、 訪問者からの問い合わせに用に「問い合わせフォーム」を設定しましょう。

問い合わせフォームとして有名なのが「Contact Form 7」です。

ここでは、「Contact Form 7」のインストールから設定までを紹介します。

「Contact Form 7」のインストール

★ 管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック

新規追加

★ キーワードに「contact form 7」と入力。

キーワードに「contact form 7」

★ 「Contact Form 7」が表示されますので、「今すぐインストール」をクリック。

今すぐインストール

★ インストールが終了したら、「有効化」をクリック。

有効化

★ 管理画面に「お問い合わせ」が表示されていれば、OKです。

「お問い合わせ」が表示

問い合わせ用のコンタクトフォームを編集する

デフォルトで問い合わせ用のコンタクトフォームが1つ用意されています。

今回はそれを利用します。

★ 管理画面の「お問い合わせ」⇒「コンタクトフォーム」

「お問い合わせ」⇒「コンタクトフォーム」

★ 「コンタクトフォーム」画面の「コンタクトフォーム1」をクリック

「コンタクトフォーム」画面

「コンタクトフォームの編集」画面でまずはタイトルを変更します。

★ デフォルトでは「コンタクトフォーム1」となっていますが、 タイトルを「お問い合わせフォーム」に変更し、

★ 右側にある「保存」ボタンをクリックします。

「コンタクトフォームの編集」画面

タイトルの下に「ショートコード」が表示されています。

★ この「ショートコード」をコピーします。

ショートコードの例: [contact-form-7 404 "Not Found"]

ショートコード

問い合わせフォームを表示させる

ここでは、固定ページに問い合わせフォームを表示させてみます。

★ 管理画面の「固定ページ」⇒「新規追加」をクリック。

★ 投稿エディタに先程コピーした「ショートコード」を貼り付けます。

「ショートコード」を貼り付け

★ ページを更新して確認すると、次のようにフォームが表示されています。

フォームが表示

メール設定

次はメールアドレスや送信内容の設定を行います。

★ 管理画面の「お問い合わせ」⇒「コンタクトフォーム」をクリック。

★ 「お問い合わせフォーム」をクリック。

お問い合わせフォーム

★ 「メール」タブをクリック。

「メール」タブ

下図のように、デフォルトで送信先、送信元、題名などが設定されています。

デフォルト設定

基本的にはデフォルトのままで大丈夫ですが、 変更したい部分があれば変更してください。

ここに表示されている[your-xx]の your は、 メール送信者のことです。

例えば、[your-name]は送信者の名前、 [your-subject]は送信者が入力した題名のことです。

内容を編集後は、一番下にある「保存」ボタンをクリック。

保存

これでメール設定が完了です。

事前にテストをして、正常に送信されるかを確認してください。

まとめ

問い合わせフォームを作成するなら、「Contact Form 7」が便利です。

ほとんどがデフォルト設定のままで、すぐに使えます。

運用の前に、メールがちゃんと送信されることを確認してください。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする