昇順・降順がどっちか迷ったときのイメージの仕方

数値を並べ替える用語として 「昇順」、「降順」という言葉がよく使われます。

平たく言えば「小さい順」、「大きい順」なのですが、

「どっちがどっちだった?」と迷ったときのイメージの仕方を紹介します。

適切なイメージができれば迷うこともなくなりますよ。

階段をイメージする

「階段の段数」と「数値」を結び付けます。

1段目は「1」、2段目は「2」、3段目は「3」という風に。

昇順

昇順は下図のように、

階段を1段目、2段目、3段目と昇っていくイメージです。

「昇る」ので「昇順」です。

ですから、数値の並びは「1, 2, 3」となります。

昇順

降順

逆に、降順は下図のように

階段を3段目、2段目、1段目と降りていくイメージです。

「降りる」ので「降順」です。

ですから、数値の並びは「3, 2, 1」となります。

降順

まとめ

このように、階段をイメージするのも1つの方法です。

この方法だと「昇順」・「降順」はすぐに区別できます。

よく迷う方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする