JavaScript - 配列の要素を繋いで(カンマを削除して)文字列にする

JavaScript で配列の要素を繋いで文字列にするには join() メソッドを使います。

join() メソッドは、デフォルトではカンマ区切りの文字列が作成されます。

ここでは、カンマ削除して文字列を作成する方法を紹介します。

join() メソッドの概要

join() メソッドは、配列のすべての要素を繋いで文字列を作成します。

サンプルコード


var arr = ["a", "b", "c", "d", "e"];

var re = arr.join();

console.log(re);  // a,b,c,d,e

このようにデフォルトでは、要素をカンマで繋いだ文字列を作成します。

カンマを削除して文字列を作成する

カンマを削除して要素を繋いだ文字列を作成する場合は、 引数に「""空文字」を指定します。

サンプルコード


var arr = ["a", "b", "c", "d", "e"];

var re = arr.join("");

console.log(re); // abcde

join() は引数次第でいろいな要素繋ぎができる

join() メソッドは、「カンマ繋ぎ」や「カンマなし」以外にも、 引数次第でさまざまな文字列繋ぎができます。

サンプルコード


var arr = ["a", "b", "c", "d", "e"];

// 「-」繋ぎ
console.log(arr.join("-"));  // a-b-c-d-e

// 「, 」カンマスペース繋ぎ
console.log(arr.join(", ")); // a, b, c, d, e

// 「と」繋ぎ
console.log(arr.join("と")); // aとbとcとdとe

まとめ

join() メソッドを使うと、 配列の要素を繋いで(カンマを削除して)文字列を作成することができます。

デフォルトではカンマが入るので、 カンマを削除する場合は引数として「""空文字」を指定します。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする