JavaScript - 配列の要素を全て削除して空にする

JavaScriptで、配列の要素を全て削除してにする方法は複数あります。

ここでは、空にする方法として、配列リテラル、lengthプロパティ、 Array コンストラクタを使う方法を紹介します。

配列リテラルを使って空にする

配列名 = [];

と記述することで全ての要素が削除され、空になります。


var arr = [1, 2, 3, 4, 5];

arr = [];

console.log(arr); // Array [  ]

lengthプロパティを「0」にする

配列の length プロパティを「0」にすることで、 要素数が0となり、全ての要素が削除されます。


var arr = [1, 2, 3, 4, 5];

arr.length = 0;

console.log(arr); // Array [  ]

Array コンストラクタを使う

配列名 = new Array();

と記述することで全ての要素が削除され、空になります。


var arr = [1, 2, 3, 4, 5];

arr = new Array();

console.log(arr); // Array [  ]

まとめ

このように、配列の要素を全て削除して空にする方法はいくつかあります。

通常良く使われるのが次の2つのケースです。


arr = [];

arr.length = 0;

Array コンストラクタを使る方法はあまり使われていないと思います。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする