WordPress - タイトルとURLの一覧を取得するプラグイン「Post to CSV」

WordPress でタイトルURLの一覧を取得したい場合、 「Post to CSV」というプラグインを使えば簡単に取得できます。

Post to CSV by BestWebSoft

設定も直感的にすぐできるのでおすすめです。

ここでは、「Post to CSV」のインストールから、 CSVファイル取得までの流れを紹介します。

「Post to CSV」のインストール

★ 管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

「プラグイン」⇒「新規追加」

★ キーワード入力欄に「post to csv」と入力。

キーワード入力

★ 「Post to CSV by BestWebSoft」が表示されるので「今すぐインストール」をクリック。

今すぐインストール

★ インストールが終了したら「有効化」をクリック。

有効化

これで「Post to CSV」のインストールは終了です。

タイトルとURLの一覧を取得

では実際にタイトルとURLの一覧を取得してみます。

管理画面のメニューに「Post to CSV」が新たに表示されているはずです。

★ 管理画面の「Post to CSV」⇒「Settings」をクリック

「Post to CSV」⇒「Settings」

「Setting」画面で出力する項目等を設定します。

★ 今回はタイトルとURLを出力したいので、 「Fields」の「Title」と「Parmalink」を選択します。

「Title」と「Parmalink」

★ 画面下側にある「Export」をクリック。

「Export」

★ 「ファイルを開く」画面が表示されますので、 「ファイルを保存」を選択して「保存」ボタンをクリック。

「ファイルを開く」画面

これでローカルパソコンにCSVファイルとして保存されました。

「Post to CSV」のバグ?

まだ開発されて間もないプラグインなのでバグがあるみたいです。

私が試したときは、カンマ区切りではなく、セミコロン区切りで出力されました。

テキストエディタで開いて「セミコロン」を「カンマ」に置換すれば大丈夫です。

まとめ

「Post to CSV」で出力できる項目は次の通りです。

  • Title
  • Guide
  • Post Date
  • Author
  • Content
  • Parmalink

タイトルとURL以外にも出力できる項目があり、直感的に設定できるプラグインです。

一覧を取得したい方はぜひ試してみてください。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする