JavaScript - 配列に連想配列(オブジェクト)を追加してみる

JavaScript で配列に1つの値を追加することはよくありますが、 配列に連想配列(オブジェクト)追加するとどうなるのでしょうか?

push() メソッドやその他の方法で配列に連想配列(オブジェクト)を追加してみます。

push() メソッドで配列に連想配列を追加

次のプログラムは配列 a に連想配列(オブジェクト)obj を追加しています。


var a = [1, 2, 3];

var obj = {id: 1, name: "tanaka"};

// 追加
a.push(obj);

console(a);  // Array [ 1, 2, 3, Object ]

問題なく連想配列(オブジェクト)が追加されています。

では、先程追加した obj の name プロパティ("tanaka")を取得してみます。


console.log(a[3].name);    // tanaka
console.log(a[3]["name"]); // tanaka

メソッドを使わず配列に連想配列を追加

配列用のメソッドは使わずに、単純に次の配列要素にオブジェクトを代入します。


var a = [1, 2, 3];

var obj = {id: 1, name: "tanaka"};

// 追加
a[a.length] = obj;

console.log(a);  // Array [ 1, 2, 3, Object ]

console.log(a[3].name);    // tanaka
console.log(a[3]["name"]); // tanaka

これも問題なく追加、取得が出来ています。

このように、配列に連想配列(オブジェクト)を追加する手法は複数ありますので、 ご自身がやりやすい方法を使ってください。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする