JavaScript - 配列の途中に値を追加する splice() メソッド

JavaScript で配列の途中にデータを追加(挿入)したい場合は、 splice() メソッドを使用します。

splice() メソッドは指定したインデックスの手前の位置に、データを追加します。

ここでは、splice() メソッドを使って、配列の途中に値を追加する方法を説明します。

splice() メソッドの引数

splice() メソッドの引数は少しややこしいので、注意が必要です。

第一引数

配列を変化させる開始位置のインデックス。

第二引数

削除する要素の数。削除せずに追加のみの場合は「0」を指定

第三引数以降

追加する値をカンマ区切りで指定。 "a"と指定した場合は "a" を追加し、 "a", "b" と指定した場合は "a" と "b" の2つの値が追加されます。

配列の途中に値を1つ追加する

配列の途中(指定したインデックスの手前)に値を追加してみます。

追加のみの場合は、第二引数は「0」を指定します。


var arr = [1, 3, 5, 7, 9];

arr.splice(2, 0, 100);

console.log(arr);  // Array [ 1, 3, 100, 5, 7, 9 ]

配列の途中に値を複数追加する

次は、複数の値を追加してみます。

複数追加する場合は、第三引数以降に追加する値をカンマ区切りで指定します。


var arr = [1, 3, 5, 7, 9];

arr.splice(2, 0, 100, 200);

console.log(arr);  // Array [ 1, 3, 100, 200, 5, 7, 9 ]

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする