JavaScript - 配列の長さを取得して初期化する

JavaScript で配列を初期化する場合、 まず配列の長さ(サイズ・要素数・length)を取得して、 長さの分だけループを回して初期化する方法が一般的です。

ここでは、長さを取得してループを回す方法と、 それ以外の fill() メソッドを使った初期化の方法を紹介します。

配列の長さ(要素数 length)を取得して初期化する方法

下のコードは、変数 initial_value に初期化する値を設定し、 配列の長さを取得して、ループを回しています。


var arr = [1, 2, 3, 4, 5];
var initial_value = 0;        // 初期化する値

var len = arr.length;  // 配列の要素数を取得

for (var i = 0; i < len; i++){
	arr[i] = initial_value;  // 初期化
}

console.log(arr);

// 実行結果
Array [ 0, 0, 0, 0, 0 ]

Array.prototype.fill() メソッドを使って初期化する方法

fill() メソッドは、配列の全要素に対して指定した値を設定します。

開始インデックスと終了インデックスを指定することもできますが、 下のコードのように、省略した場合は全要素に設定します。


var arr = [1, 2, 3, 4, 5];

var initial_value = 0;        // 初期化する値

arr.fill(initial_value);      // 初期化

console.log(arr);

// 実行結果
Array [ 0, 0, 0, 0, 0 ]