JavaScript - 配列を「0」で初期化する

JavaScript で数値を扱うプログラムを作成する場合に、 配列の各要素を「0」で初期化したい場合があります。

ループを回して初期化したり、fill() メソッドを使って初期化する方法があります。

ここでは、配列の値を「0」で初期化する方法をいくつか紹介します。

新しく配列を作成し、「0」で初期化する

次のコードは、新規で配列を作成し、その配列の各要素を「0」で初期化します。


var arr = [];
var len = 5;  // 配列の要素数

for (var i = 0; i < len; i++){
	arr[i] = 0;  // 0 で初期化
}

console.log(arr);

// 実行結果
Array [ 0, 0, 0, 0, 0 ]

すでに存在する配列の各要素を「0」で初期化する

次のコードは、すでに存在していて、 何らかの値が入っている配列の各要素を「0」で初期化します。


// すでに値が入っている場合
var arr = [1, 2, 3, 4, 5];

var len = arr.length;  // 配列の要素数を取得

for (var i = 0; i < len; i++){
	arr[i] = 0;  // 0 で初期化
}

console.log(arr);

// 実行結果
Array [ 0, 0, 0, 0, 0 ]

配列の要素数を取得して、その数だけループさせます。

fill()メソッドを使って「0」で初期化する

Array.prototype.fill() メソッドを使って「0」で初期化することもできます。

fill() メソッドは、配列の開始インデックスから終了インデックスまでの要素に対して、 指定した値を設定します。

開始インデックスと終了インデックスを省略した場合は、最初から最後までになります。


var arr = [1, 2, 3, 4, 5];

arr.fill(0);

console.log(arr);

// 実行結果
Array [ 0, 0, 0, 0, 0 ]

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする