JavaScript - if文での奇数・偶数判定のロジック

JavaScript の if 文で、奇数・偶数を判定して処理を分岐させる方法を紹介します。

「%」演算子を使って2で割った余りを取得し、余りが「0」か「1」かで簡単に判定できます。

奇数・偶数を判定して処理を分岐する

サンプルコードは次のようになります。


var a = 9;

if (a % 2 == 0){
	// 偶数時の処理
} else {
	// 奇数時の処理
}

サンプルコードのロジック解説

「a % 2」は、変数 a を 2 で割った余りです。

例えば、「8 割る 2」は「商 4、余り 0」です。

「9 割る 2」は「商 4、余り 1」です。

つまり、偶数を 2 で割ると余りは「0」です。 奇数を 2 で割ると余りは「1」です。

ですから、上のサンプルコードのロジックとなります。

このように、奇数・偶数は簡単に判別できますので、参考にしてください。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする