JavaScript - if else文の書き方

「if else文」は、if文の条件式が成り立つ場合と、 成り立たない場合に分けて処理を行う場合に使います。

条件式が成り立たない場合に else 部分が実行されます。

ここではJavaScriptでの「if else文」の構文とサンプルコードを紹介します。

if else文の構文


if (条件式){
	処理1
} else {
	処理2
}

条件式が成り立つ場合は処理1を実行し、 条件式が成り立たない場合は処理2を実行します。

処理の流れをフローチャートにすると下図のようになります。

if else文

if else文のサンプルコード

奇数偶数を判定

次のサンプルコードは、数値が奇数か偶数かを判定します。

数値を2で割った余りを取得し、余りが1の場合は「奇数」、 1でない場合(0の場合)は「偶数」と判断します。


var num = 4;

// 2で割った余りを取得
var rest = num % 2;

if (rest == 1){
	console.log("奇数です。");
} else {
	console.log("偶数です。");
}