秀丸メールでHTML形式メールの画像等が表示されない場合

秀丸メールでHTMLメールを表示させるには、HTMLメールViewerをインストールする必要があります。 但し、HTMLメールViewerをインストールするだけでは画像等が正常に表示されないため、設定をする必要があります。

ここではHTMLメールが、画像を含めてちゃんと表示されるように設定する方法を紹介します。

HTMLメールViewerのインストール

まだHTMLメールViewerをインストールしていない方は、 まずはHTMLメールViewerをインストールしてください。 公式サイトの一番下からダウンロードできます。

HTMLメールViewerの公式サイトはこちら

HTMLメールViewerの注意点

HTMLメールViewerの公式サイトにも記載されているように、 HTMLメールViewerは「すべてのHTMLメールをいきなりHTML形式で表示してしまうようなことはありません」。

なので、最初は文字情報は表示されますが、画像は表示されません。 HTML形式で表示させるためには設定する必要があります。

設定方法は「個別指定」と「一括指定」の2種類あり、それぞれの方法を紹介します。 ご自身の好きな方法で設定してください。

個別にHTMLメールを表示させる方法

メール一覧にて、HTML表示したいメールを右クリックします。

ポップアップメニュー一覧の「HTMLメールのインライン表示登録/抹消」をクリックすることで HTML表示されるようになります。

こうすることで、特定のメールアドレスからのメールをHTML表示することができます。

登録を抹消したい場合も同じく「HTMLメールのインライン表示登録/抹消」をクリックすると抹消されます。

すべてのHTMLメールを自動表示させる方法

個別に指定するのではなく、すべてのHTMLメールを自動表示させる場合は、

メニュー

メニューの「設定」⇒「全般的な設定」をクリック

「全般的な設定」画面

「全般的な設定」画面の左側「設定の一覧」から、「メール表示」を選択、

「HTMLメールViewerを使う」にチェックを入れ、 「 HTMLメールViewerの設定」ボタンをクリック

「HTMLメールViewerの設定」画面

「HTMLメールViewerの設定」画面の「基本」タブを選択。

「特定条件のメールを自動でインライン表示する」にチェック。

  • 「迷惑メールフィルターが"safe"と判定している」をOFFにする。
  • 「イメージを含む」をOFFにする。
  • 「フレームタグを含まない」をONにする。
  • 「ActiveX等のプログラムを含まない」をONにする。

下図のように設定します。

このように設定することで、すべてのHTMLメールを自動で表示することができます。

個別か自動かは、自分の好きな方で設定してください。

スポンサードサーチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする